子どもたちが屠殺ごっこをした話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

子供たちが屠殺ごっこをした話』(こどもたちがとさつごっこをしたはなし、原題:Wie Kinder Schlachtens miteinander gespielt haben)は、『グリム童話』に収録されていた童話の一編。初版には収録されていたが、あまりにも残酷な内容かつ、教訓性も殆ど感じられない話なため評判が悪く、第二版以降は削除されている。

あらすじ[編集]

第1話
昔、フリースランド(現在のオランダフリースラント州)のフリェンチャル(フリジア語: Frjentsjerオランダ語ではフラーネカル(Franeker))という町で、子供たちがそれぞれ役割を分担して"屠殺ごっこ"を始め、"屠殺屋"役の子供が"豚"役の子供の喉(のど)をナイフで刺して殺してしまうという事件が起こった。
この事件は町の議会にかけられたが、当事者がまだ幼い子供であるため、この子供を死刑にするべきか否かで話し合いは難航した。
そこで、長老の一人が赤々と熟したリンゴと高価な金貨を左右の手に持ち、「この2つのうち、どちらか1つを子供に取らせてみよう。もし子供がリンゴを選んだら全くの無知無分別ゆえの事故であったと見なして無罪、金貨を選んだら価値判断の分別が備わっていた上での事件と見なして死刑にすればよい」と提案した。
果たして判定の当日、"屠殺屋"役の子供は笑いながら当然のようにリンゴを取り、子供は無罪放免となった。
第2話
父親が食用のために屠殺する様を見た兄弟が、父親の真似をして"屠殺ごっこ"を始め、"屠殺屋"役の兄が"豚"役の弟の喉をナイフで刺して殺してしまった。
まだ赤ん坊の末子を風呂に入れていた母親は、弟の悲鳴を聞いて駆け付けると激情にかられ、弟の喉に刺さっていたナイフで兄の心臓を刺して殺した。
更に、そうして目を離した隙に末子が浴槽で溺れ死んでしまったのに気付き、母親は悲しみのあまり首を吊って死んだ
しばらくして畑仕事から戻って来た父親はこれらの惨劇を目の当たりにし、あまりの衝撃に気が狂って間もなく死んでしまった。
結局、その家族は誰一人生き残らなかった。

類似話[編集]

井原西鶴の裁判小説集・『本朝桜陰比事(ほんちょうおういんひじ)』巻四の二「善悪二つの取物」に、上記の第1話と類似しているが微妙に結末の異なる話が見られる。話のあらすじは以下の通りである。

昔、京の町で子供たちが集まって遊んでいた時、(数え年で)七歳の子が不用意に小刀を手にして九歳の子を刺し、死なせてしまった。加害者の家族は「まだ思慮分別のない子供だから、どうか死罪にしないでもらいたい」と懇願したが、被害者の遺族は何としても加害者を死罪にしてもらいたいと譲らない。双方の訴えを聞いた奉行は、おもちゃの人形と小判を用意し、「その子が小判を取ったら、価値判断の分別があるものと見なして死罪とし、人形を取ったら命を助ける事とする。明日は必ずその子を連れて出頭せよ」と告げて、その日は一同を解散させた。家に戻った加害者の家族は、奉行が用意したものと同じ人形と小判を加害者に見せて、「小判を取ったら殺されるのだよ」と一晩中繰り返し教え、翌朝にもよく言い聞かせてから奉行所に出頭した。一同が見守る中、奉行が「人形を取れば命を助け、小判を取れば死罪にするぞ」と言いながら加害者の前に人形と小判を出してみせると、加害者は歩み寄って小判を取った。これを見た被害者の遺族は「この通り、この者は不敵な悪人でございます」と言って加害者の死罪を要求し、加害者の家族は絶望のあまり声を上げて泣いたが、奉行は意外にも、「この子が何の思慮分別もない子供である事がよく分かった。小判を取れば死罪にすると言われたにも関わらず、この子は平気で小判を取った(つまりこの子は死罪の意味さえも分かっていない)ことから、それは明らかである」と言い、加害者を死罪にせず命を助ける判決を下した。

この話は、殺人事件の加害者が思慮分別のない子供である点、また裁判の方法として、子供が喜びそうな品物と金貨を加害者に見せ、加害者が金貨を取ったら死刑、もう一方の品物を取ったら無罪とする条件においては上記のグリム童話と共通している。しかし、最終的に加害者がどちらを取っても死刑を回避できるように配慮されている点において、グリム童話とは異なる日本の文化の独自性を見ることができる。なお、『本朝桜蔭比事』が出版されたのは元禄2年(1689年)で、グリム童話集の出版(1812年)より120年以上も前である。

関連項目[編集]