嬉野町 (佐賀県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うれしのまち
嬉野町
嬉野温泉シーボルトの湯
嬉野温泉シーボルトの湯
嬉野町旗
嬉野町章
嬉野町旗 嬉野町章
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 新設合併
塩田町・嬉野町→嬉野市
現在の自治体 嬉野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 佐賀県
藤津郡
市町村コード 41443-3
面積 80.46km2
総人口 18,917
国勢調査、2005年)
隣接自治体 鹿島市武雄市・塩田町・大村市東彼杵町川棚町波佐見町
町の木 ケヤキ
町の花
キャッチフレーズ うれしのほほん
嬉野町役場
所在地 843-0392
佐賀県藤津郡嬉野町大字下宿乙1185番地
嬉野市役所嬉野支所(旧嬉野町役場)
座標 北緯33度06分03秒 東経129度59分14秒 / 北緯33.10092度 東経129.98711度 / 33.10092; 129.98711 (嬉野町)座標: 北緯33度06分03秒 東経129度59分14秒 / 北緯33.10092度 東経129.98711度 / 33.10092; 129.98711 (嬉野町)
UreshinoMachi1955.png
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

嬉野町(うれしのまち)は、かつて佐賀県南西部長崎県境に位置していたで、藤津郡に属する。町内にある嬉野温泉で有名。

2006年1月1日に隣の藤津郡塩田町と新設合併し、市制施行し廃止した。新市名は嬉野市で、庁舎位置は現在の塩田町役場。

地理[編集]

佐賀県南西部、藤津郡を構成する三つの町の一つ。町の南部は山地、北部が塩田川の盆地で、町の中心はこの盆地にある。

  • 河川: 塩田川、嬉野川、吉田川

隣接していた市町村[編集]

歴史[編集]

肥前国風土記』に、藤津郡の塩田川の東に温泉があると記述されており、これが嬉野温泉のことを指す可能性がある。「嬉野」とは、神功皇后三韓征伐のおり、温泉で疲れを癒した時に「うれしいのう」と言ったことに因むという言い伝えがある。が、「うれしの」の文献初出は中世に下る。江戸時代には長崎街道宿場町としても栄えた。

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 藤津郡西嬉野村、東嬉野村吉田村が成立した。
  • 1929年(昭和4年)4月22日 西嬉野村が嬉野町になった。
  • 1933年(昭和8年)4月1日 嬉野町と東嬉野村が合併して、嬉野町になった。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 嬉野町と吉田村が合併して、嬉野町になった。
  • 2006年(平成18年)1月1日 塩田町と合併し、嬉野市として市制施行。

行政[編集]

経済[編集]

産業[編集]

特産品

  • :嬉野での茶の栽培は吉村新兵衛江戸時代慶安年間に始めたとされ、茶業発祥の地不動山地区には、国の天然記念物に指定された樹齢300年を越える大チャノキ(大茶樹)がある。「嬉野茶」として高品質で知られ、近年では伝統的な「釜煎り茶」の技術も復活された。
  • 温泉湯どうふ:温泉水で特製の豆腐をゆで、温泉の作用により豆腐がとろりと溶け、湯が白濁した頃に薬味を入れて味わう。「豊玉姫神社」の近くにある「宗庵よこ長」で考案され、漫画『美味しんぼ』で紹介された。現在では町内の多くの温泉旅館・飲食店で味わえる。
  • 陶磁器:「肥前吉田焼」と称し、天正年間の磁鉱石の発見に端を発し、江戸時代に鍋島藩主の奨励により興隆した。現在では主に有田系の磁器が皿屋地区で生産されている。

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

地域[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 嬉野町立嬉野中学校
  • 嬉野町立吉田中学校
  • 嬉野町立大野原中学校

小学校[編集]

  • 嬉野町立嬉野小学校
  • 嬉野町立吉田小学校
  • 嬉野町立轟小学校
  • 嬉野町立大野原小学校
  • 嬉野塩田組合立(現在は嬉野市立)大草野小学校

交通[編集]

道路[編集]

高速バス[編集]

鉄道[編集]

町消滅時点では町内に鉄道は存在しなかった。1915年から1931年まで町内を肥前電気鉄道が通っていた。

旧町域(現・嬉野市域)には九州新幹線 (西九州ルート)嬉野温泉駅の設置が予定されている。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]