嫁だいこん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
嫁だいこん
ジャンル テレビドラマ
脚本 窪田篤人布勢博一横光晃
演出 浜忠臣、矢崎一雄
出演者 竹脇無我和泉雅子北村和夫池上季実子土田早苗竹下景子村田知栄子名古屋章谷村昌彦 ほか
オープニング ハミング・バード『ふるさとは南』
製作
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1976年4月3日〜1976年9月25日
放送時間 土曜日21:00〜21:54
放送枠 土曜劇場
放送分 54分
回数 26
テンプレートを表示

嫁だいこん』(よめだいこん)は、1976年4月3日から同年9月25日まで、フジテレビ系列の『土曜劇場』(毎週土曜21:00 - 21:54)の枠で放送されたテレビドラマ。全26話。

概要[編集]

創業120年を誇る鹿児島の薩摩漬けの老舗「十文字屋」を舞台の中心に、後継者問題に揺れる一家と薩摩漬け販売に奔走する人々の模様などを描いた人情喜劇[1]。『赤福のれん』に次ぐ『のれんシリーズ』第三弾。鹿児島県に実在する『中園久太郎商店』がモデルとなり、製作にも協力していた[2]

あらすじ[編集]

十文字屋では、それまで主人として店を切り盛りしてきた与兵衛が亡くなり、後継者問題を迫られていた。与兵衛の遺言状には「信吉を五代目として後継者にする」と書かれていた。信吉は与兵衛の息子として籍に入ってはいるが、実は養子で、実の兄だと信じ込んでいた妹ののり子、よし子はこれを知って衝撃を受ける。しかも信吉は、自分の立場をわきまえ、店の仕事ではなく桜島の火山研究所に勤務し、地震の研究に取り組んでいた。育ての母・しずと番頭の順造は、遺言に従って五代目を継いでくれと信吉に迫る。信吉は最初は断ったが、後にそれを受け入れる。ある日、信吉は東京に住む恋人を鹿児島に招こうとしたが、やって来たのは会ったこともない若いスチュワーデスの竹中由紀だった。しかし後に信吉と由紀は結婚し、商売敵の『丸信』からの妨害工作に遭いながらもひたすら薩摩漬け販売に努め、後に由紀の考案した沢庵漬け『嫁だいこん』を売り出すに至る[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1976年4月3日 火の国のあいつ 窪田篤人 浜忠臣
2 1976年4月10日 めぐりあい
3 1976年4月17日 きょうだいがライバル!?
4 1976年4月24日 決意
5 1976年5月1日 新しい旅に
6 1976年5月8日 燃ゆる思いを 矢崎一雄
7 1976年5月15日 愛の別れ 浜忠臣
8 1976年5月22日 兄弟喧嘩
9 1976年5月29日 兄貴を愛した私
10 1976年6月5日 結婚しよう 矢崎一雄
11 1976年6月12日 花嫁誕生 浜忠臣
12 1976年6月19日 あの人も彼を… 布勢博一 矢崎一雄
13 1976年6月26日 裏切り 窪田篤人 浜忠臣
14 1976年7月3日 夏の嵐 横光晃 矢崎一雄
15 1976年7月10日 あに・いもうと 浜忠臣
16 1976年7月17日 反抗 布勢博一 矢崎一雄
17 1976年7月24日 キス泥棒!? 浜忠臣
18 1976年7月31日 明日の夢 横光晃 矢崎一雄
19 1976年8月7日 泪の乾杯 浜忠臣
20 1976年8月14日 悲しき裏切り 布勢博一 矢崎一雄
21 1976年8月21日 転落 浜忠臣
22 1976年8月28日 よろめく夏 横光晃 矢崎一雄
23 1976年9月4日 あなたは強かった 浜忠臣
24 1976年9月11日 吹きすさぶ嵐 窪田篤人
25 1976年9月18日 揺れ動く夏 布勢博一
26 1976年9月25日 旅立ち 窪田篤人

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京ニュース通信社『テレビ50年 in TVガイド』(184ページ)、『テレビ60年 in TVガイド』、「1976年」のページより。
  2. ^ 辻・本郷税理士法人公式サイト お客様のご紹介「中園久太郎商店」
  3. ^ 参考:毎日新聞朝日新聞読売新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版(1976年4月~9月)、週刊TVガイド
フジテレビ 土曜劇場
前番組 番組名 次番組
春一番
(第5シリーズ)
(1976.1.3 - 1976.3.27)
嫁だいこん
(1976.4.3 - 1976.9.25)
鯛めしの唄
(1976.10.2 - 1977.3.12)