出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(よめ)は、自分の息子に対する女性の配偶者、あるいは自分の配偶者の女性を指す呼称である[1]。ある家庭の男性に配偶者として加わる女性を指すこともある。

古語においては上記の意味には限らず、家族の女性という意味も持つ。(家に「○○一家」のように、共に生活する仲間という意味があるため。)

ある血族の中の1人が、他の血族へ婚姻により移る際、女性では嫁(か)、男性では婿(せい)と呼ばれる。古代中国の国家において、嫁した女性の主任務は外交官であり、血の繋がりという外交成果を形成するためにが付くこともあった。

現代においては、国、家、家庭といった単位での繋がりを強化するといった視点や、婚姻により移る女性個人の権利といった視点などから意味合いに多少変化はあるものの、本質的には「自身が所属する血族や家庭の単位から外に出した」場合に「嫁に出した」といった表現をしたり、「自身が所属する血族や家庭の単位に外から受け入れた」場合に「嫁に来た」といった表現が使われる通り、本質的な意味での「ある単位の間で、女性が婚姻により移動した」という意味合いで、現在においても継続的に使用されている[要出典]

広辞苑[2]などでの例示も本質的には変わりはなく、単に「男側を存続単位とし、女側がその単位に加わった」というものである[要出典]

他の用法[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『広辞苑 第7版』(2018)岩波書店
  2. ^ 『広辞苑 第7版』(2018)岩波書店