婦人世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

婦人世界』(ふじんせかい)は、1906年(明治39年)1月3日[1]実業之日本社から創刊された雑誌。『実業之日本』『日本少年』『幼年の友』『少女の友』と共に、当時の「実業之日本社の五大雑誌」と呼ばれた[2]。創刊した年に村井弦斎を編集顧問に迎えていた[3]

1933年(昭和8年)5月に一旦終刊となったといわれる[4]。戦後に別の出版社から一時期復刊された。

委託販売[編集]

書籍においては前年の1908年に大學館で導入されていたが、1909年(明治42年)の『婦人世界』新年号から、出版界初となる雑誌における返品制(委託販売)を「採用」したという[5][6][7]。ただ、「実施」されていたかは不明という意見もある[8]

発行所の変遷[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]