威仁親王妃慰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
威仁親王妃慰子
威仁親王妃慰子.jpg
身位 親王妃
敬称 殿下
出生 1864年3月15日
日本の旗 加賀国金沢
死去 1923年6月29日
日本の旗 日本 神奈川県足柄下郡土肥村
配偶者 有栖川宮威仁親王
子女 績子女王
栽仁王
實枝子女王
父親 前田慶寧
テンプレートを表示

威仁親王妃慰子(たけひとしんのうひ やすこ、1864年3月15日文久4年2月8日) - 1923年大正12年)6月29日)は、日本皇族有栖川宮威仁親王の妃。有栖川宮家最後の皇族である。

略歴[編集]

加賀藩最後の藩主の侯爵前田慶寧の四女で、1880年(明治13年)に威仁親王妃となった。漢学和歌絵画書道などに通じ、特に有栖川流書道を極めていた。明治天皇の信任が厚い威仁親王とともに皇室に仕え、1889年(明治22年)から翌年にかけては威仁親王の欧米視察旅行にも同行した。績子女王、栽仁王實枝子女王の一男二女をもうけたが、績子女王と栽仁王はともに夭折、實枝子女王は徳川慶久に嫁いだため、慰子妃の薨去を持って有栖川宮家は断絶した。のちに有栖川宮家の祭祀大正天皇の第三皇子・高松宮宣仁親王がこれを継承したが、こちらも2004年(平成16年)に同親王妃・喜久子の薨去をもって断絶してしまった。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1605号「叙任及辞令」明治21年11月2日
  2. ^ 『官報』第1928号「宮廷錄事」「彙報 - 大日本帝国憲法発布記念章送付」明治22年11月30日
  3. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」明治41年9月28日