姥湯温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg 姥湯温泉
Yamagata ubayu.jpg
姥湯温泉・桝形屋旅館
温泉情報
所在地 山形県米沢市
座標 北緯37度45分38.7秒
東経140度13分20.5秒
座標: 北緯37度45分38.7秒 東経140度13分20.5秒
交通 車:東北自動車道福島飯坂ICから約60分
鉄道:JR東日本峠駅前より送迎車約30分(要予約)、その後に徒歩5分
泉質 単純硫黄泉
泉温(摂氏 51 ℃
液性の分類 酸性
テンプレートを表示

姥湯温泉(うばゆおんせん)は、山形県米沢市(旧国出羽国明治以降は羽前国)にある温泉である。

大日岳の山麓、大昔の噴火口跡に温泉があり、標高1300mと高所に位置する。福島との県境も近い。

泉質[編集]

単純温泉(低張性酸性高温泉)[1]

青みがかった白濁湯が特徴。

大露天風呂

温泉地[編集]

一軒宿の「桝形屋旅館」が存在。 旅館の建物は2004年(平成16年)から翌年にかけて新築改装され新しくなった。 内湯は男女別の檜風呂。露天風呂は混浴の大露天風呂と、女性専用風呂がある。夜間には女性用と混浴が入れ替わる[2]

歴史[編集]

室町時代(1533年)の発見とされる[3]。桝形屋初代が山師として金山を探している時、山姥に教えられて発見したとされる。温泉名もこれに因み姥湯となった[3]。現在の当主は17代目[3]

アクセス[編集]

  • 自動車:東北自動車道福島飯坂ICで降りて国道13号線米沢方面へ、米沢市板谷から山道を約14 kmで駐車場着[4]
    • その昔、滑川温泉を過ぎて姥湯温泉に至る途中の山道には、スイッチバックしなければ上れない急坂が存在した。現在は改修されてスイッチバックは解消したが、20%を超える急坂は健在である(最大22%)[要出典]
  • 鉄道:JR東日本奥羽本線峠駅下車。駅前より桝形屋の送迎車を利用して約25分で駐車場。送迎車は宿泊者のみで事前予約が必要[4]
  • 駐車場から宿までは徒歩で約200 m[4]

脚注[編集]

  1. ^ 温泉分析書 (PDF)”. 姥湯温泉桝形屋. 2018年11月19日閲覧。
  2. ^ お風呂”. 姥湯温泉桝形屋. 2018年11月19日閲覧。
  3. ^ a b c 姥湯温泉について”. 姥湯温泉桝形屋. 2018年11月19日閲覧。
  4. ^ a b c アクセス”. 姥湯温泉桝形屋. 2018年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]