姉崎火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
姉崎火力発電所
姉崎火力.JPG
姉崎火力発電所(2012年1月)
姉崎火力発電所の位置(千葉県内)
姉崎火力発電所
千葉県における姉崎火力発電所の位置
正式名称 株式会社JERA姉崎火力発電所
日本の旗 日本
所在地 千葉県市原市姉崎海岸3
座標 北緯35度29分5.4秒 東経140度01分4.7秒 / 北緯35.484833度 東経140.017972度 / 35.484833; 140.017972 (姉崎火力発電所)座標: 北緯35度29分5.4秒 東経140度01分4.7秒 / 北緯35.484833度 東経140.017972度 / 35.484833; 140.017972 (姉崎火力発電所)
現況 運転中
運転開始 1号機:1967年12月
2号機:1969年11月
3号機:1971年6月
4号機:1972年9月
5号機:1977年4月
6号機:1979年10月
運転終了 1~4号機:2021年12月[1]
事業主体 JERA
発電所
主要動力源 1~6号機:LNG
二次動力源 3~6号機:LPG
発電機数 6基
熱効率 1~4号機:42.7%(LHV)
5、6号機:43.0%(LHV)
発電量
定格出力 総出力:360万kW
  1号機:60万kW
  2号機:60万kW
  3号機:60万kW
  4号機:60万kW
  5号機:60万kW
  6号機:60万kW
ウェブサイト
姉崎火力発電所
2019年4月1日現在
テンプレートを表示

姉崎火力発電所(あねがさきかりょくはつでんしょ)は千葉県市原市姉崎海岸3にあるJERA天然ガス火力発電所

概要[編集]

東京電力の発電所として1967年12月に1号機が運転を開始、6号機までが建設された。1号機は、日本で初めて主蒸気温度、主蒸気圧力を超臨界圧まで高めたボイラー蒸気タービンを採用した。

当初、1~4号機は石油専焼であったが、後にLNG・石油混焼を経てLNG専焼(3、4号機はLPG併用)となった。主な燃料であるLNGは、袖ケ浦火力発電所富津火力発電所に併設されたLNG基地からパイプラインにより供給を受けている。

1号機の運転開始から約50年が経過したため、リプレース計画が発表された。2016年10月現在、建設に向けた環境アセスメントの手続きが行われている(後述)。2017年11月、リプレース事業とリプレース後の運転・保守を担う会社として、JERAの出資により[2]JERAパワー姉崎合同会社が設立された[3]

2016年4月に東京電力から子会社の東京電力フュエル&パワーに移管され、2019年4月にはさらにJERAに移管された。

2021年4月から5号機と6号機が休止したが、同年冬の電力需給がひっ迫すると予想されたため、5号機のみ2022年1月4日から2月末まで間、再稼働することとなった。この準備を進めていた2021年10月には蒸気配管が破断するなどの不具合が発生し、修理が行われた[4]

発電設備[編集]

  • 総出力:360万kW(2019年4月1日現在)[5]
  • 敷地面積:約93万m2
  • 発電方式:汽力発電方式
5号機(2021年4月より長期計画停止中、2022年1月復旧予定)[1]
定格出力:60万kW
使用燃料:LNG、LPG
蒸気条件:超臨界圧(SC)
熱効率:43.0%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1977年4月
6号機(2021年4月より長期計画停止中)[1]
定格出力:60万kW
蒸気条件:超臨界圧(SC)
使用燃料:LNG、LPG
熱効率:43.0%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1979年10月

計画中の発電設備[編集]

1号機の運転開始から約50年が経過し、最新鋭の設備に比べて発電効率が低く、また経年に伴うトラブル発生の可能性があること等から、設備更新が計画された。本計画は1~4号機を廃止し、既設の石油タンクを撤去した跡地に、高効率1650℃級コンバインドサイクル発電方式の発電設備(新1~3号機)を設置する[6]

新1号機(計画中)
発電方式:1,650℃級コンバインドサイクル発電(More Advanced Combined Cycle II)方式
定格出力:約65万kW
  ガスタービン × 1軸
  蒸気タービン × 1軸
使用燃料:LNG
熱効率:約63%(低位発熱量基準)[7]
営業運転開始:2023年予定
新2号機(計画中)
発電方式:1,650℃級コンバインドサイクル発電(MACCII)方式
定格出力:約65万kW
  ガスタービン × 1軸
  蒸気タービン × 1軸
使用燃料:LNG
熱効率:約63%(低位発熱量基準)
営業運転開始:2023年予定
新3号機(計画中)
発電方式:1,650℃級コンバインドサイクル発電(MACCII)方式
定格出力:約65万kW
  ガスタービン × 1軸
  蒸気タービン × 1軸
使用燃料:LNG
熱効率:約63%(低位発熱量基準)
営業運転開始:2023年予定

廃止された発電設備[編集]

1号機
定格出力:60万kW
使用燃料:LNG
蒸気条件:超臨界圧Super Critical)
熱効率:42.7%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1967年12月
廃止:2021年12月[1]
2号機
定格出力:60万kW
使用燃料:LNG
蒸気条件:超臨界圧(SC)
熱効率:42.7%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1969年11月
廃止:2021年12月[1]
3号機
定格出力:60万kW
使用燃料:LNG、LPG
蒸気条件:超臨界圧(SC)
熱効率:42.7%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1971年6月
廃止:2021年12月[1]
4号機
定格出力:60万kW
使用燃料:LNG、LPG
蒸気条件:超臨界圧(SC)
熱効率:42.7%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1972年9月
廃止:2021年12月[1]

緊急設置電源[編集]

2011年3月11日東北地方太平洋沖地震と津波により複数の発電施設が被災し、電力供給力が大幅に低下したため、緊急設置電源が新設された[8]

電力需給が逼迫した際に稼働していたが、被災火力発電所の復旧等により長期計画停止となり[9]2015年3月に廃止された[10]

1号ディーゼル~4号ディーゼル(緊急設置電源)(廃止)
発電方式:ディーゼル発電方式(内燃力発電
定格出力:1,400kW × 4台 (韓国・現代重工業から無償提供[11]
使用燃料:軽油
熱効率:43.5%(低位発熱量基準)
営業運転期間:2011年4月27日 - 2015年3月(2014年4月1日より長期計画停止)

6号機ボイラー破損事故[編集]

1996年6月18日、6号機はボイラー破損事故を起こし停止、1999年2月に運転を再開した[12]

アクセス[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]