妹背山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
妹背山
Tosa Okinoshima Island.jpg
柏島と遥か洋上に沖ノ島
標高 404.1 m
所在地 高知県宿毛市
位置 北緯32度43分38.93秒
東経132度33分16.44秒
山系 四国山地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

妹背山(いもせやま)は、高知県宿毛市から西南へ24km離れた海洋上の沖ノ島の中央にある最高峰標高404.1mのである。

今昔物語に妹兄(いもせ)の島とあり、昔、この島に漂着した幼い兄妹が農耕をしながら生きながらえ、やがて夫婦になったという伝説が山名の由来と云われている[1]。 宿毛市の片島港から沖ノ島の母島港へ定期便があり、上陸し港から約1時間40分登ると一等三角点のある展望の利かない山頂に着く。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山と渓谷社『四国百名山』 2000年9月10日発行 69ページ

関連項目[編集]