妹の恋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
妹の恋人
Benny & Joon
監督 ジェレマイア・チェチック
脚本 バリー・バーマン
原案 バリー・バーマン
レスリー・マックネイル
製作 スーザン・アーノルド
ドナ・ロス
製作総指揮 ビル・バダラート
出演者 ジョニー・デップ
メアリー・スチュアート・マスターソン
エイダン・クイン
音楽 レイチェル・ポートマン
撮影 ジョン・シュワルツマン
編集 キャロル・リトルトン
製作会社 ロス=アーノルド・プロダクション
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年4月23日
日本の旗 1993年10月23日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $23,261,580[1]
テンプレートを表示

妹の恋人』(いもうとのこいびと、Benny & Joon)は、1993年アメリカ映画

ストーリー[編集]

ある田舎町の自動車整備工場に勤める青年ベニーは、両親の死で心を病んでしまった妹ジューンに振り回されながらも彼女を支え、12年間2人だけで生きて来た。そんなある日、ふとしたことから友人の従兄弟である文盲の青年サムを引き取るはめになったベニーは、サムをジューンの世話役として使うことにした。

サムは無口で風変わりで、バスター・キートンチャップリンをはじめ、様々な映画の登場人物のモノマネが得意。そんなサムにジューンは自然に心を開いて行く。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Benny and Joon”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]