妙覚道了

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

妙覚道了(みょうかくどうりょう)は、室町時代前期の曹洞宗修験道。妙覚は字。出生地などについては不詳である。道了大権現・道了薩埵・道了大薩埵・道了尊などとも称される。

真龍寺の天狗大面

1394年応永元年)曹洞宗の僧了庵慧明最乗寺を開創すると、慧明の弟子であった道了はその怪力により寺の創建に助力。1411年応永18年)3月に了庵慧明が没すると、道了は寺の守護と衆生救済を誓い、天狗に姿を変じて昇天したと伝わる。 故に道了は最乗寺の守護神として祀られた[1]。庶民の間でも信仰を集めてが結成された。また、江戸両国などで出開帳が行われた。


脚注[編集]

  1. ^ 最乗寺概要”. 曹洞宗 大雄山最乗寺. 2016年2月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]