妙木浩之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

妙木 浩之(みょうき ひろゆき、1960年 - )は、日本の精神分析学者、精神分析家[1]東京国際大学教授。

1982年上智大学文学部心理学科卒業、1985年同大学大学院文学研究科博士課程満期退学。北山研究所臨床心理士、佐賀医科大学助教授、久留米大学文学部助教授、2004年東京国際大学人間社会学部・臨床心理学研究科教授。南青山心理相談室臨床の心理士。専攻は臨床心理学・精神分析学。

北山修小此木啓吾の教えを受けた[2]

著書[編集]

  • 父親崩壊 新書館 1997.4
  • 心理経済学のすすめ 新書館 1999.1
  • フロイト入門 ちくま新書 2000.7
  • こころと経済 産業図書 2000.5
  • エディプス・コンプレックス論争 性をめぐる精神分析史 講談社選書メチエ 2002.3
  • 「心の居場所」の見つけ方 面接室で精神療法家がおこなうこと 講談社 2003.9 (こころライブラリー)
  • 精神分析における言葉の活用 金剛出版 2005.11
  • 初回面接入門 心理力動フォーミュレーション 岩崎学術出版社 2010.9
  • 大人のための精神分析入門 PHP新書 2010.10
  • 寄る辺なき自我の時代-フロイト『精神分析入門講義』を読み直す 現代書館 2017.5(いま読む!名著)

共編著[編集]

  • 精神分析の現在 小此木啓吾共編 至文堂 1995.6 (現代のエスプリ別冊)
  • 夢の分析 至文堂 1997.1 (現代のエスプリ別冊)
  • 好きできらいで好き。 心理経済学講座 Maki共著 日本放送出版協会 2001.4
  • ウィニコットの世界 至文堂 2003.7 (「現代のエスプリ」別冊)
  • 自我心理学の新展開 フロイト以後、米国の精神分析 ぎょうせい 2010.3

翻訳[編集]

  • 自殺のシグナル 青年期前後の記録 M.ジィフィン、C.フェルゼンタール 霜山徳爾共訳 産業図書 1985.8
  • フロイトのメタファー 精神分析の新しいパラダイム ドナルド・P.スペンス 産業図書 1992.7
  • あなたの中のグレムリンを捜せ こころの怪物を手なずける方法 リチャード・カーソン ロングセラーズ 1994.7
  • 精神分析というお仕事 専門性のパラドクス アダム・フィリップス 産業図書 1998.5
  • サイケデリック・ドラッグ 向精神物質の科学と文化 レスター・グリンスプーン、ジェームズ・B.バカラー 杵渕幸子共訳 工作舎 2000.1
  • 精神分析的心理療法 実践家のための手引き ナンシー・マックウィリアムズ 金剛出版 2009.10

脚注[編集]

  1. ^ 日本精神分析協会 - 会員名簿
  2. ^ 北山修監修 (2015年10月15日). 北山理論の発見: 錯覚と脱錯覚を生きる. 創元社. ISBN 978-4422113050