妊孕力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

妊孕力(にんようりょく、: fecundity)とは、男性女性夫婦またはカップル子供妊娠し、出産することができる能力を呼ぶ[1][2]。または、子供を生む能力ではなく受胎能力のみの意味で使われることもある。この能力が欠如していることを不妊という。妊孕力は、年齢と関係があると考えられており、そのひとつの証拠として不妊は、年齢を重ねるにつれて割合が高くなる傾向にある。30歳を超えるころから徐々に減少し、35歳を過ぎると激減し、早い人は40歳前半から、遅い人でも50歳前後に閉経になり妊孕力を失う[3]。実際に不妊治療に取り組んでいる30%以上が40歳以上であるとの報告も出ている(日本受精着床学会誌)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]