妄想代理人 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

妄想代理人』(もうそうだいりにん)は、原作・今敏、文・梅津裕一による日本小説作品であり、同名のアニメスピンオフ小説。

スピンオフであるため、内容は原作アニメのノベライズではなく、本編と繋がったオリジナルストーリーである。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

海老沢 和生
海老沢家の長男。ある過去をきっかけに、殺人衝動に悩むようになる。19歳
海老沢 若菜
海老沢家の長女でマロミの大ファン。退屈な現実から逃れる為、麻薬を使用していた。14歳
海老沢 波男
生活安全課の刑事。40 - 50歳代
海老沢 船子
波男の妻。
烏山
和生の友人。
鯨岡
波男の後輩で体は大柄。所属は波男と同じく、生活安全課の刑事。
鷹野 洋子
若菜のクラスメート。
犀川
若菜のクラスメートで、肥満にきびができているのが特徴。
蛇崎 均
麻薬の売人。若菜に麻薬を売っていた。

刊行情報[編集]