妄想メガネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
妄想メガネ
ジャンル ライトHコメディ
漫画
作者 あずまゆき
出版社 集英社
掲載誌 グランドジャンプ
レーベル ヤングジャンプ・コミックス GJ
発表期間 『BJ魂』
2010年8月1日発売号・9月1日発売号
ビジネスジャンプ
2010年19号 - 2011年18号(不定期に5回掲載)
『GRAND JUMP WEB』
2011年11月 - 2012年10月(月1回更新)[1]
グランドジャンプ
2012年25号 - 2016年8号
グランドジャンプPREMIUM
2016年5月号
巻数 全5巻
話数 全60話
テンプレート - ノート

妄想メガネ』(もうそうメガネ)は、あずまゆきによる日本漫画作品である。最初の話は集英社の『BJ魂』2010年8月1日発売号に掲載。同誌と『ビジネスジャンプ』(同社刊)に複数回掲載された後、同社の『GRAND JUMP WEB』で2011年11月より月1回の配信が開始。2012年10月まで配信された後、『グランドジャンプ』(同社刊)に移籍し2012年25号から月1回・毎月第1水曜に、2015年8号からは毎月第3水曜に掲載され、2016年8号まで連載。最終話は『グランドジャンプPREMIUM』(同社刊)2016年5月号に掲載された。

概要[編集]

「気になっている女性の服が透けて見える」という男性の妄想が具現化したメガネを主題とした物語である。基本的に1話完結の形式であり、登場する主人公(メガネをかける人)とヒロインは毎回違う[2]。各回の扉絵は、ヒロインの立ち絵である。この絵はメガネの効果により服の大部分(下着の上下が見える範囲)が透けている。

メガネについて[編集]

この作品ではタイトルともなっている「妄想メガネ」が重要なアイテムとなっている。

メガネの形状は一定ではない。登場人物たちが気付いていないことからかける人が普段使用するものと同じような形をしていると考えられる[3]。このメガネを通して気になる人を見ると、その人の服だけが透けて見える。メガネを外して覗いた場合は、メガネを通した部分だけが透けて見える[4]。複数の人が視界にいても服が透けて見えるのは対象の女性のみである。このため、着用者にも見えているものが非現実的なものだと分かる[5]。女性側からは、メガネの対象になっていることは分からない。

脚注[編集]

「第○話」は、単行本での通し番号に基づく。

  1. ^ ここまでの情報は単行本1,2巻の奥付による。
  2. ^ まれに続き物となっていて主人公も同じことがある(ヒロインは異なる)。
  3. ^ 明らかに形状が違う例として、グルーチョ眼鏡の形状をしていたことがある(第10話)。
  4. ^ 第2話・第9話などで主人公が確かめている。
  5. ^ 2人きりの場合など、女性が勝手に服を脱いだと勘違いしたケースはある(第7話・第15話など)。

単行本[編集]