好男好女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
好男好女
タイトル表記
繁体字 好男好女
簡体字 好男好女
ピン音 Hǎonán hǎonǚ
英題 Good Men, Good Women
各種情報
監督 侯孝賢(ホウ・シャオシェン)
脚本 朱天文(チュー・ティエンウェン)
原作 蒋碧玉(ジャン・ピーユ)、藍博洲(ラン・ボーチョウ)
製作 水野勝博、市山尚三、謝屛翰(シェ・ピンハン)、金介文(キン・ジェウェン)
製作総指揮 奥山和由、楊登魁(ヤン・ダイクイ)
出演者 伊能静
林強(リン・チャン)
高捷(ガオ・ジェ)
音楽 陳懐恩(チェン・ホァィエン)、江孝文(ジャン・シャオウェン)
撮影 陳懐恩(チェン・ホアイエン)
編集 廖慶松(リャオ・チンソン)
美術 黄文英(ホァン・ウェンイン)
配給 松竹
公開 日本の旗 1995年12月9日
上映時間 108分
製作国  台湾
日本の旗 日本
言語 台湾語
テンプレートを表示

好男好女』(こうなんこうじょ、原題:好男好女、英語題:Good Men, Good Women)は、1995年に制作された台湾・日本合作映画。

概要[編集]

悲情城市』『戯夢人生』に続くホウ・シャオシェン監督の台湾現代史三部作の第3部。白色テロの時代を取り上げようと考え、釈放された老政治犯を描く朱天心(チュー・ティエンシン)の『台湾從前有個浦島太郎』を原作とする予定だったが、アイドル歌手出身の伊能静をキャスティングした後に藍博洲(ラン・ボーチョウ)の『幌馬車の歌』(鍾浩東(チェン・ハオトン)ら政治的迫害を受けた人々のドキュメント)を原作に採用した。ホウ・シャオシェンはそこに現代に生きる女優の物語を重ね合わせたが、その結果として本来の鍾浩東・蒋碧玉(ジャン・ピーユ)の物語が見えにくくなってしまった。蒋碧玉の劇中劇はモノクロで、それを演じるリャンジンの過去と現在はカラーで表現されており、現代のパートにはその後のホウ・シャオシェン映画のスタイルを強く感じさせる。

第48回カンヌ国際映画祭出品。第32回金馬奨最優秀監督賞受賞。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]