女性による性的虐待

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
性的虐待 > 女性による性的虐待

女性による性的虐待(じょせいによるせいてきぎゃくたい)の被害者は、男性と女性の双方がいる。アメリカ、イギリス、スウェーデンなどにおける調査では子供への性的虐待の5~20%が女性によるものであると推定されている[1]。ノルウェーのオスロでの「暴力とトラウマに関する国立資料館」の調査によると、子供に対する近親姦は男性からが9割、女性は1割とされた[2]

被害者が少年の場合には特にそれを性的通過儀礼と社会はみなす傾向が強いが、女性からの加害が存在しないと考える文化的神話のために、少年も少女同様その時には屈辱感を味わったにもかかわらず、幼い頃の性的虐待行為を成長した後に大人の感覚で楽しめない自分が性的に未熟だったのだと事後的に無理に意味を改定してしまうケースが多い。それが恋なのだろうと無理に自分を騙す事も少なくない。だが実際にはその心的外傷自体は少女のそれと同じである。ミネソタ州では女性教師が男子生徒をレイプしたとして刑事事件になり有罪判決が下されたケース(1998年)があったが、息子の様子について抑鬱状態が続き怒りっぽくなったと少年の父親は語っていた[3]

女性が被害を受けた場合も身体の汚さなどを感じるが、母性の文化的イメージやホモフォビアなどのためにほとんど何も言えない状況が続く。

状況と後遺症[編集]

女性がレイプを行う場合もデートレイプのケースが多い。また、加害者が教師などの立場にある場合には、そういった地位も利用可能である。また、行為の対象が小学生などである場合には、性的同意年齢の問題が浮上する。ただ、酒や武器などに頼ることも少なくない。

また、少年の場合レイプとの関連も考えられている。Petrovich and Templer (1984) の83人の男性のレイプ犯に対する調査報告によると、彼らの59%がかつて16歳より前に5歳以上年上の女性から性的行為を受けたことがあるという[4]。実際、17歳の時にアメリカの女性兵士に襲われたことがあるという横山ノックなど、性犯罪を行う被害男性の例は少なからず存在する。

問題点[編集]

アメリカ合衆国[編集]

典型以外の性被害に対しては偏見も強い。1996年7月9日付けのボストン・グローブ紙では女性の少年に対するレイプ事件について極めて真剣に取り上げていたが、Karen Aronosoは周辺住民や事件関係者から得られた言葉を記している。13歳の少年をレイプしたとして訴えられた37歳の女性の事件だったのだが「少年も望んでいたに違いないさ」とか「夢のようなことさ」とか「間違いなくレイプだけど、男の子は若いうちから性的に活発じゃなきゃっていう社会通念があるから、みんなどこかで許容してしまっているのよ」という言葉が得られている[5]

2005年に、アメリカ合衆国で8歳の少年が14歳の少女に猥褻行為をされた際に、結果的に検察側は起訴を取り下げたものの「たとえ少女が誘ったにせよ少年が拒まなければその少年は猥褻行為を少女に行ったとみなすことができる」として少年が訴えられた事件が報道され、息子が裁判にかけられそうになり怒った母親は、少女に性被害を受けた場合でも親たちは息子が裁判にかけられる可能性に対し憶するべきではないと訴えた[6]

日本[編集]

日本では1980年頃の話として、母と息子の近親相姦の話が電話相談の話から出回ったことがあり、『密室の母と子』という書物も出版されたが、相談内容が性文学的で単なるファンタジーではないかと批判された[7]。岩崎直子 (2004) は、電話相談でのセックス通話者は確かに存在するとした上で、実際に女性から性被害を受けた人でも被害とは関係がない話題を振る可能性について触れ、そのような場合にいたずらかどうか判断するための大体の指標として、相談者が質問を挟んだ場合も性的描写が続くか言葉に詰まるようであればいたずらとみられるとしている[8]

対応[編集]

アメリカ合衆国[編集]

1997年メアリー・ケイ・ルトーノーという女性が、12歳の男子小学生とセックスし、その結果2回妊娠して、後に結婚するという事件が発生した。この後、「女性によるレイプは実際に起こりうる」と多くのアメリカ人が認識するようになった。しかし、それ以前にも同様の事件は多発しており、1990年にパメラ・スマート(Pamela Smart) という当時22歳の女性が15歳の少年とセックスして少年に夫を殺害させるという事件が発生している。この事件を題材に後に『誘う女』というサスペンス映画が作られた。なお、パメラ・スマートは1991年3月に終身刑を宣告され、現在も刑に服している。

また、暴力の連鎖が起こっているケースも少なくなく、14歳の少年と性的関係を持ちアメリカでは国家的な騒ぎが引き起こされた2004年のフロリダ性的暴行事件では、彼女自身も13歳の時に性的暴行を受けたと言われている。この事件では弁護士が加害者の女性は美人であるため刑務所に入れるべきではないと主張し自宅軟禁及び保護観察処分となったため、量刑が軽微過ぎるのではないかと批判された。

オーストラリア[編集]

オーストラリアの1999年のクイーンズランド性的暴行事件では女性教師が12歳の少年と性的関係を持ったために問題となり有罪判決を受けた。なお、この事件では彼女自身12歳の時に性的暴行を受けたと言われている。連続強姦事件も発生しており、2005年にタスマニア州で起こったオーストラリア連続少年暴行事件では女性教師が自分の結婚生活に対する不満から15歳の少年と14~16歳の少年4人に対して様々な性犯罪を行った。その結果、この事件後タスマニアの教育界は見直しを要求された。オーストラリアで15歳の少年と性的交渉を持った2005年のリバーランド性的暴行事件では彼女の精神状態が考慮されて実刑回避となり、一部から批判を浴びた。

日本[編集]

女性による性的虐待事件としては埼玉児童性的虐待事件和歌山少年暴行事件などがあるが、あくまで児童福祉の問題に留まっている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「性的搾取者」 とは誰か (PDF)”. 外務省. 2011年6月20日閲覧。
  2. ^ Record number sexually abused by women
  3. ^ 『少年への性的虐待—男性被害者の心的外傷と精神分析治療』(リチャード・B・ガートナー、1999年の書物の翻訳、2005年) 71ページ ISBN 4-86182-013-8
  4. ^ Female Child Sexual Abusers:A Critical Review of the Literature
  5. ^ 『少年への性的虐待—男性被害者の心的外傷と精神分析治療』(リチャード・B・ガートナー、1999年の書物の翻訳、2005年) 68・69ページ ISBN 4-86182-013-8
  6. ^ 8-Year-Old Charged For Sexual Conduct With Sitter” (英語). CBSニュース. Canadian Children's Rights Council (2005年7月28日). 2011年6月16日閲覧。
  7. ^ 『インセスト幻想—人類最後のタブー』(原田武、2001年) 36・37ページ ISBN 4-409-24065-X
  8. ^ 『トラウマとジェンダー—臨床からの声』(宮地尚子、2004年) 73~76ページ ISBN 4-7724-0815-0

関連書籍[編集]

  • 『トラウマとジェンダー—臨床からの声』(宮地尚子、2004年) ISBN 4-7724-0815-0
  • 『Mother-Son Incest』(Miletski, Hani M. S. W., 1999年5月1日) ISBN 1884444318

関連項目[編集]

外部リンク[編集]