女川港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
女川港
Onagawa Seapal Pia.jpg
シーパルピア女川から見た女川港
所在地
日本の旗 日本
所在地 宮城県牡鹿郡女川町
詳細
開港 1954年4月1日(設立)
1954年5月21日(港湾区域告示)
管理者 宮城県
種類 地方港湾
統計
統計年度 2015年度
発着数 5,539隻(260,621総トン)[1]
旅客数 21,999人[2]
公式サイト 宮城県
女川港(震災前、2009年5月9日)

女川港(おながわこう)は、宮城県牡鹿郡女川町にある地方港湾。港湾管理者は宮城県。

概要[編集]

牡鹿半島基部の女川湾の湾奥に位置する港湾で、古くから沿岸漁業の基地として栄えたほか、金華山江島出島などの周辺離島への交通拠点となってきた。

明治初期、政府は初の近代港湾として野蒜築港の建設に着手したが、1884年の台風により突堤が破壊され建設は断念された。その際、野蒜港に代わる港湾として女川港の築港が検討されたが、財政上の理由から中止となった。

1925年、女川振興会が発足、昭和初期にかけて岸壁や魚市場の整備が進められ、漁業基地としての基盤が作られた。その後、1939年に発足した女川港修築期成同盟会により商港建設が推進され1941年に着工、太平洋戦争後の1954年には地方港湾に指定され、1967年までに防波堤、岸壁等の主要な港湾施設が建設された。

2015年度の発着数は5,539隻(260,621総トン)[1]、利用客数は21,999人(乗込人員11,164人、上陸人員10,835人)である[2]

港湾施設[編集]

石浜地区高白地区横浦地区大石原地区の4地区で構成されており、石浜地区は水産加工品や化学工業品などの貨物取扱、高白・横浦・大石原の各地区は小型漁船を主とした施設整備が行われている。石浜地区については、女川町が工業用地の造成、県が岸壁・物揚場等の港湾施設と分担して整備を行い、1999年に竣工している。

石浜地区[編集]

  • 石浜埠頭3,000トン岸壁(-7,5m×L=150m)
  • 石浜-4.5m岸壁(-4.5m×L=70m)
  • 石浜物揚場(-3.5m×L=139m)
  • 石浜物揚場(-3.5m×L=60m)
  • 石浜-7.5m岸壁(L=130m)
  • 石浜ふ頭(-4.5m×L=61m)
  • 石浜物揚場(-2.0m×L=62m)
  • 石浜-1.0m物揚場(L=25m)
  • 石浜-4.0m物揚場(L=100m)
  • 石浜(1)-2.0m物揚場(L=90m)
  • 石浜船揚場(L=28m)

横浦地区[編集]

  • 横浦物揚場延長 64m水深 2.0m
  • 横浦物揚場延長 200m水深 1.5m
  • 横浦船揚場延長 41m

大石原地区[編集]

  • 大石原物揚場(-1.5m×L=31m)
  • 大石原物揚場(-1.5m×L=61m)
  • 大石原物揚場(-2.0m×L=60m)
  • 大石原物揚場(-1.5m×L=41m)

高白地区[編集]

  • 高白物揚場(-1.5m×L=79m)
  • 高白-1.5m物揚場(L=60m)
  • 高白-1.5m物揚場(L=50m)
  • 高白船揚場(L=30m)
  • 高白船揚場(L=31m)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第3部第1表
  2. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第3部第2表

参考文献[編集]

外部リンク[編集]