女学院前停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
女学院前駅から転送)
移動先: 案内検索
女学院前停留場
八丁堀方面ホーム
八丁堀方面ホーム
じょがくいんまえ - Jogakuin-mae
W1 八丁堀 (0.5km)
(0.2km) 縮景園前 W3
所在地 広島市中区鉄砲町・上幟町
駅番号 W2
所属事業者 広島電鉄
所属路線 白島線
キロ程 0.5km(八丁堀起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1952年(昭和27年)6月10日
テンプレートを表示
白島方面ホーム

女学院前停留場(じょがくいんまえていりゅうじょう、女学院前電停)は、広島県広島市中区鉄砲町および上幟町にある広島電鉄白島線路面電車停留場

歴史[編集]

白島線の開業は広島電鉄の前身である広島電気軌道が電車の営業を始めた1912年(大正元年)にさかのぼるが、女学院前停留場が開設されたのは第2次世界大戦後の1952年(昭和27年)のことである[1]。1945年(昭和20年)8月6日の原爆投下以来休止していた白島線が、戦後新たに建設された幹線道路(白島通り)上に敷設された新線で運転を再開したのに合わせて開設された[1]。停留場名は広島女学院中学校・高等学校が近くにあることに由来する[2]

構造[編集]

白島線の軌道は道路上に敷かれた併用軌道であり、当停留場も道路上にホームが設けられている。ホームは低床式で2面あり、南北方向に伸びる2本の線路を挟み込むように配置された相対式ホームである[4][5]。ただし互いのホームは交差点を挟んで斜交いに位置していて、交差点の北に白島方面へ向かう下りホーム、南に八丁堀方面へ向かう上りホームがある[4][5]

運行系統[編集]

当停留場には広島電鉄で運行されている路線のうち、9号線のみが乗り入れる。

上りホーム 9号線 八丁堀ゆき・江波ゆき
下りホーム 9号線 白島ゆき

周辺[編集]

隣の停留場[編集]

広島電鉄
白島線
八丁堀停留場 (W1) - 女学院前停留場 (W2) - 縮景園前停留場 (W3)
  • 1967年(昭和42年)までは隣の八丁堀停留場との間に鉄砲町停留場(てっぽうちょうていりゅうじょう)が存在した[1][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、150-157頁。ISBN 4-533-05986-4
  2. ^ a b c 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、98頁。ISBN 4-533-05986-4
  3. ^ a b 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、38頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  4. ^ a b 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、8・85頁。ISBN 978-4-06-295157-9
  5. ^ a b 川島令三 『全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、103-109頁。ISBN 978-4-7942-1711-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]