女子校生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

女子校生(じょしこうせい)とは、女子のみを対象とする男女別学学校(女子校)に学籍をおいている女性のこと。

現在の日本では、小学校中学校などの義務教育諸学校の大半が男女共学であるため、女子校生とは高等学校大学に学籍をおいている女性を指すことが多い。なお、1947年昭和22年)に教育基本法学校教育法が制定される前までの日本の学校は、男女別学による教育が広く行われていた。

性風俗の用語[編集]

1990年平成2年)頃から児童ポルノ(チャイルドポルノ)、18歳未満の年少者を題材としたアダルト系作品が日本国内外で問題となった。

1999年(平成11年)には児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(通称・児童ポルノ法)が公布・施行されたことで、アダルトビデオアダルトゲームなどの性風俗では自主規制の一環として「女子高」「女子高生」「女子高校生」といった「18歳未満も含まれうる」「18歳未満であることが特定されうる」言葉を用いないことが多くなった。

代替として、女子高生の同音異義語である「女子生」を用いるようになった。作品によっては、(飛び級が認められない限り)18歳以上であることが明らかな「女子大生」を用いることもある。

ただし、高校生には「18歳以上」の者も含まれるため、アダルトDVDには女子高生という表記の作品も存在する。また、女子校生にも18歳未満(17歳以下)も含まれるため、自主規制自体意味がないともいえる。

アダルトビデオ、アダルトゲームなどの性風俗全般では、女子校に通っている女子生徒に限らず、共学校に通っている女子生徒でも「女子校生」という言葉を用い、略して「JK」とも呼ばれることがある(Joshi Kousei の頭文字から)。

関連項目[編集]