女子挺身勤労令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女子挺身勤労令
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和19年8月23日勅令第519号
効力 廃止
主な内容 女性の勤労動員に関する規定
関連法令 学徒勤労令国民懲用令国民勤労動員令
ウィキソース原文
テンプレートを表示

女子挺身勤労令(じょしていしんきんろうれい、昭和19年8月23日勅令第519号)は、日本1944年8月に公布された勅令

概説[編集]

同令により、14歳から40歳までの女性が軍需工場などの戦争遂行体制に動員された。強制力を伴うこの勅令の対象になったのは日本人であり、朝鮮人は対象とならなかった[1]:367。違反した場合、国家総動員法により1年以下の懲役または1,000円以下の罰金を払わねばならなかった。女子挺身隊は、国民勤労報国協力令(強制力なし)などに基づき、これ以前から結成されていたが[1]:3671945年国民義勇隊に再編された。

法令全文は外部リンクで読むことができる。

出典[編集]

  1. ^ a b 秦郁彦『慰安婦と戦場の性』新潮選書 ISBN 9784106005657

関連項目[編集]

外部リンク[編集]