女ざかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女ざかり
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日21:00〜21:54(54分)
放送期間 1984年4月9日〜1984年7月30日(17回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 嶋村正敏、佐光千尋、宮崎徹
脚本 森瑤子
プロデューサー 梅谷茂、深山由美子
出演者 いしだあゆみ
音無美紀子
木内みどり
近藤正臣
津川雅彦
野々村誠
加藤治子
高橋昌也
辺見マリ
田中美佐子
野際陽子
ほか
オープニング ジューシィ・フルーツ
『萎えて女も意志をもて』
テンプレートを表示

女ざかり』(おんなざかり)は、1984年4月9日から同年7月30日まで、日本テレビ系列の『月曜スター劇場』(毎週月曜日21:00 - 21:54の枠で放送されたテレビドラマ。全17回。

概要・内容[編集]

小説家・森瑤子の脚本描き下ろしによる作品。本作は同じ1984年に角川書店より書籍化もされた。

キャッチフレーズは「35歳・女は美しく生まれ変わる」。寝具店を経営しながら離婚調停の最中の主婦・乃里子、一流商社マンが夫の専業主婦・加世、テレビリポーターを務める独身女性・麻子の3人が、女盛りと言われる年齢の最中でありながら、自分探しに悪戦苦闘。その様子を周りの人々と共に描いた。

乃里子、加世、麻子の3人は同じ高校の同級生同士。乃里子は夫・治夫の浮気に悩んでいたが、陸上選手でもある娘・亜矢に修平が指導に当たっていることを知った加世は夫・修平と乃里子の関係を邪推。そんな中、愛人の元で生活していた治夫が家に戻り、寝具店改装に反対し、折り合いの悪かった姑・わかも家を出て行ってしまい、家族の関係は悪化。乃里子は友人に勧められてカウンセラーの指導を受け始めるが、そのような中で乃里子は初恋の人に再会する[1]

キャスト[編集]

  • 辻井乃里子:いしだあゆみ
    35歳。寝具店を一人で経営。夫はお見合いで結婚。しかしその夫の浮気に合わせて店の経営の問題や姑、娘とのトラブルと悩みを多く抱えている。
  • 江崎加世:音無美紀子
    35歳。高校生時代は陸上選手で、乃里子は当時共に競い合ったライバルで、夫・修平も乃里子と奪い合ったという過去がある。性格は楽天的だが、夫の悩みを理解していない。
  • 小島麻子:木内みどり
    乃里子、加世は同じ高校の同級生。独身で、テレビリポーターをしている。妻持ちの沢村と交際している。
  • 江崎修平:近藤正臣
    39歳、加世の夫。石油関係の商社に勤務。しかし、会社であるプロジェクトに失敗したため、社内で反発や非難が強い。良き夫で良き父でありたいとは思っているが、それにも疲れている。
  • 辻井治夫:津川雅彦
    43歳、乃里子の夫。布団職人で、その技術は確かだが、芯が強くしっかりし過ぎの妻に重圧を感じている余り、若いOLと浮気。
  • 辻井亜矢:三上亜矢
    14歳、乃里子と治夫の娘。陸上選手として将来有望な存在。一方で自閉症気味で、母に対し批判的だが、父には強い愛情を持っている。
  • 辻井わか:加藤治子
    58歳、治夫の母。息子夫婦と同居していたが、一人独立して治夫の家近くのアパートで独り暮らし。乃里子とは折り合いが悪く嫁としては不満だが、仕事ぶりは認めている。
  • 中村太郎:野々村誠
  • 中村良子:円浄順子
  • 小島久雄:高橋昌也
  • 今井美智世:辺見マリ
  • 吉村和美:田中美佐子
  • 柴光太:塩屋智章
  • 沢村:峰岸徹
  • 沢村サキ:赤座美代子 - 沢村の妻
  • 真理子:豊泉京子 - 修平の会社の部下
  • 工藤静香
  • 山崎:岡田眞澄 - カルチャーセンターの講師
  • 庄司睦子:野際陽子 - 乃里子を指導するカウンセラー
(出典:[2]

スタッフ[編集]

  • 企画:梅谷茂
  • 制作:山本時雄
  • プロデューサー:深山由美子
  • 脚本:森瑤子 (全話担当)
  • 原案:石松愛弘 (第3話、第4話)
  • 演出:嶋村正敏、佐光千尋、宮崎徹
  • 音楽:羽田健太郎
  • 制作:日本テレビ
主題歌

サブタイトル[編集]

話数 放送日 タイトル 演出
第1話 1984年4月9日 (サブタイトル無し) 嶋村正敏
第2話 1984年4月16日 みんなが私を憎む
第3話 1984年4月23日 私はだまされた!?
第4話 1984年4月30日 嫉妬は女の最低の戦略 佐光千尋
第5話 1984年5月7日 私の夫から手を引いて
第6話 1984年5月14日 夫が愛人といる所を見てしまった
第7話 1984年5月21日 子供にかこつけてホテルで逢びき? 嶋村正敏
第8話 1984年5月28日 親友に恋人を奪われて、私は死んだも同然だった!!
第9話 1984年6月4日 じゃれる夫と女を見た時、妻は男に抱かれる決意をした
第10話 1984年6月11日 夫は私の浮気を感づいた! 佐光千尋
第11話 1984年6月18日 ママ、わたし歩けない!
第12話 1984年6月25日 不倫の恋の喜びと痛みと
第13話 1984年7月2日 別れた後は躰が揺れる 宮崎徹
第14話 1984年7月9日 パパを返して下さい! 嶋村正敏
第15話 1984年7月16日 人生を狂わせた妻の嘘
第16話 1984年7月23日 俺を夫として受け入れられるか 佐光千尋
第17話 1984年7月30日 貴女はまだ充分若いですよ!?

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)1984年「女ざかり」の項目、読売新聞朝日新聞毎日新聞 それぞれ1984年4月9日付テレビ欄の本作紹介記事より
  2. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1984年5月5日号 p.73〜「完全テレビシナリオ 女ざかり」
日本テレビ系列 月曜スター劇場(1984年4月 - 1984年7月)
前番組 番組名 次番組
女ざかり