女?日本?美? 新たなジェンダー批評に向けて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

女?日本?美? 新たなジェンダー批評に向けて』(おんな にほん び あらたなジェンダーひひょうにむけて)は、1990年代に活発になった日本のジェンダー論争を表層化する大きな一つな事象とされている、1996年12月21日から23日に慶応義塾大学アートセンターにて開催されたシンポジウム名。また、シンポジウムを契機に慶應義塾大学出版会から熊倉敬聡千野香織 編集によるの観点から日本ジェンダー論集が1999年01月01日に出版されている。

概要[編集]

欧米で始まったフェミニズム思想は1970年代に美術批評[1]に導入された後、日本にも導入されて定着の兆しを見せ始めた[2]。その一方、1990年代後半に活発になりつつあった日本のフェミニズム思想を、当時毎日新聞文化部記者の三田晴夫は、雑誌『LR』三号の誌上にて『状況考 3 借り物の思想・知・主題をめぐって』と題した論の中で「西洋の思想の借り物」であり必然性が感じられないと揶揄した[3]。これを契機に始まったジェンダー論争は、三田晴夫小勝禮子若桑みどりらを中心に美術系のミニコミ雑誌『LR』や『あいだ』の誌面上にて応答がされた。

三田晴夫ジェンダー理論批判として、『状況考(六)美術と正義をめぐって』[4]、『状況考(八)反映論と党派性をめぐって一一 若桑みどり、小勝禮子両氏に応える』[5]を発表している。三田への反論として、小勝鶴子は、『抑圧の論理をめぐって 三田氏に対する反論一一再びジェンダーと美術について』[6]『美術とジェンダ一一3 三田晴夫氏の『反映論と党派性』という断定に対する反論』[7]を発表した。若桑みどりは、『ジェンダーーの視点にたつ美術史をめぐる『男性』の言説について 稲賀繁美氏の「『今、日本の美術史学をふりかえる』を聞いて」を読んで』[8]、『稲賀繁美氏の『鯛を太らせる蝦、あるいは蟷螂の鎌の駄弁』と題する誌上公開書間一一本誌30号への返答』[9]を発表した。稲賀繁美は『鯛を太らせる蝦、あるいは蟷螂の鎌の駄弁一一若桑みどり様へ』[10]、『不発に終わった論争への(エピローグならぬ)モノローグ一一あるいは鯛に悟られたのを悔やむ斯の戯言』[11]がある。

一連の三田の応答は、未熟なジェンダー理解を露呈するに終わっている[12]。また、このジェンダー論争の経緯はシンポジウムの同名の書籍[13]にまとめられた。

論集の構成[編集]

  • 『はじめに 今改めて「女」と「日本」と「美」について考える』
  • 『第1部 ジェンダーで読み解く美と権力』
  • 『第2部 現代の表象文化とセクシュアリティ』
  • 『第3部 ARTとACTの狭間で』
  • 『おわりに ジェンダー批評の未来へ』

脚注[編集]

  1. ^ 『女・アート・イデオロギー フェミニストが読みなおす芸術表現の歴史』, 新水社, ロジカ パーカー, グリゼルダ ポロック
  2. ^ 『美術とジェンダー 非対称の視線』(ブリュッケ, 1997年)
  3. ^ 『LR』「三田晴夫 - 状況考 3 借り物の思想・知・主題をめぐって」, 1997年8月
  4. ^ 『LR』7号、1998年5月
  5. ^ 『LR』9号、1998年9月
  6. ^ 『LR』8号、1998年7月
  7. ^ 『LR』10号、1998年11月
  8. ^ 『あいだ EXTRA』29号、1998年5月
  9. ^ 『あいだ』 33号、1998年10月
  10. ^ 『あいだ EXTRA』 30号、1998年6月
  11. ^ 『あいだ』33号、1998年10月
  12. ^ 『美術の日本近現代史―制度 言説 造型』東京美術出版、2014年初版、769頁
  13. ^ 『女?日本?美? 新たなジェンダー批評に向けて』, 慶應義塾大学出版会, 熊倉 敬聡 (編集), 千野 香織 (編集)

関連項目[編集]