奨学金ファンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奨学金ファンド(しょうがくきんファンド)とは、投資家などから多くのお金を集め、発展途上国文字の読み書きやそろばんなど、貧困などが原因で学校などに通えず、学習したくてもできない人たちに貸し付けを行うファンド。また、その貸し付けた利子を投資家に分配する仕組み。

ファンドの目的[編集]

目的はボランティアではなくビジネスとすることで、ボランティア活動より多くのお金を集めることにより、多くの人が学ぶことができる。

UNDP(国際連合開発計画)とUNICEF(国際連合児童基金)によると、絶対的貧困を無くすのに必要な金額は1年800億ドルである。