奥野良臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奥野良臣

奥野良臣(おくの よしおみ、1915年3月15日 - 2011年8月1日)は、日本のウイルス学者。大阪大学名誉教授。専門は病原微生物学。 旧姓は牧浦[1]

人物[編集]

1915年(大正4年)3月15日生まれ、奈良県出身。大阪帝国大学(現・大阪大学)卒業。

1956年(昭和31年)、大阪大学教授となり、1968年(昭和43年)、大阪大学微生物病研究所所長。 1954年(昭和29年)、麻疹ウイルスを分離、1960年(昭和35年)、麻疹生ワクチンを開発する。 いずれもノーベル賞を受賞したエンダースと同年度に独立して成功する。 日本ウイルス学会会長などを務める。 1989年(平成元年)、大阪文化賞を受賞[2]

2011年(平成23年)8月1日、肺炎のため96歳で死去[3]

関連書籍[編集]

  • 『麻疹・風疹 (1969年)(微生物学シリーズ 東昇、天野恒久監修)』(1969年、朝倉書店)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]