奥野俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

奥野 俊一(おくの しゅんいち、1947年2月23日[1] - )は、宮崎県出身[1]バスケットボール指導者、解説者。

福岡市立多々良中学校でバスケを始め、長崎西高校東京教育大学ポイントガードとして活躍。大学では主将も務めた。

卒業後、長崎東高校のコーチや大学院でコーチ学を学び、修了後は東芝男子第一勧銀女子などで指揮を執る。

1989年にはケンタッキー大学へコーチ留学。一方で、全日本男子のコーチも務め、1990年にはヤングメンアジア選手権優勝に導く。

現在はNHKのNBA解説と普及活動を務めている。

2011年にプロバスケットボールチーム「ライジング福岡」のオーナー代行兼GM、2012年からは社長に就任したがその後退任した[1]

2016年から再びライジングゼファーフクオカの会長兼GMに就任している。

脚注[編集]

関連項目[編集]