奥谷村 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おくだにむら
奥谷村
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 新設合併
奥谷村西谷村波賀町
現在の自治体 宍粟市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
宍粟郡
面積 113.56km2
総人口 2,465
国勢調査、1955年)
隣接自治体 兵庫県
千種村西谷村三方村
養父郡大屋町
鳥取県
八頭郡若桜町
奥谷村役場
所在地 兵庫県宍粟郡奥谷村防垣内286番地3
 表示 ウィキプロジェクト

奥谷村(おくだにむら)は、兵庫県中西部(西播磨地区)にかつて存在した宍粟郡に属した。

1956年西谷村と合併し、波賀町となったため地方自治体として消滅した。

旧村域は、現在の宍粟市波賀町のほぼ北半分に相当する[1]。旧村域の大半が2020年現在氷ノ山後山那岐山国定公園音水ちくさ県立自然公園の区域内である[2]

概要[編集]

現在の宍粟市波賀町飯見野尻日ノ原音水引原鹿伏戸倉道谷に相当する。

地理[編集]

引原川が村域を南流する。

歴史[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]