奥藤酒造郷土館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

奥藤酒造郷土館(おくとうしゅぞうきょうどかん)は兵庫県赤穂市坂越にある博物館

南より撮影
西より撮影
奥藤家住宅

概要[編集]

創業が桃山時代慶長6年(1601年)という豪商「奥藤家」の、寛文年間(1661年1637年)に建てられた大規模な酒蔵の一角に開設された酒造と廻船の博物館・郷土資料館である。

江戸時代の酒造道具や廻船に関する道具・資料が展示されているほか、奥藤家は庄屋・船手庄屋も務めていたため、坂越村に関する資料も残されている。

建物は奥藤酒造の現役の酒蔵でもあり、地酒「忠臣蔵」の利き酒もできる。

建築概要[編集]

  • 竣工 - 1661年~1667年
  • 構造 - 入母屋造、中2階建、本瓦葺、黒壁・黒羽目板、白漆喰、虫籠窓、千本格子

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 9:00~17:00
  • 休館日 - 日・祝日、年末年始
  • 入館料 - 無料

所在地[編集]

〒678-0172 兵庫県赤穂市坂越1419-1

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度46分0.1秒 東経134度25分50.2秒