奥華子 vol.best

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奥華子 vol.best
奥華子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル スリーディーシステム
奥華子 アルバム 年表
vol.best
2005年
やさしい花の咲く場所
2006年
テンプレートを表示

奥華子 vol.best』(おくはなこ ボリューム・ベスト)は、奥華子のインディーズ時代のアルバム2005年4月20日に発売された。

解説[編集]

奥華子のインディーズ時代を締めくくる集大成となったアルバム。リリース3か月後にポニーキャニオンより「やさしい花」でメジャーデビューを果たしており、インディーズ時代の最初で最後のアルバムである。

主に自主制作 vol.1 - vol.4からの再収録作品が多いが、2作品が新譜として取り入れられている。その2作品は、後に行われたライブをDVD化したものに収録されているが、正式な音源としては、このアルバムにしか収録されていない貴重な作品である。

このアルバムまでJASRAC登録上の出版権利者は日音である。メジャーデビュー以降の作品は原則ポニーキャニオンミュージックが出版権利者となる。

構成・収録曲[編集]

  1. 小さな星 (vol.2)
  2. 雲よりも遠く (vol.1)
  3. 涙の色 (vol.2)
  4. そんな気がした (vol.1)
  5. (vol.4)
  6. 笑った数 (vol.3)
  7. 片想い(『コンサート2007春〜TIME NOTE〜 at渋谷C.C.Lemonホール』 [DVD]に収録)
  8. 愛されていたい (vol.2)
  9. 境界線(『もちろん一人で弾き語り!』 [DVD]に収録)
  10. 虹色の目 (vol.1)
  11. その手 (vol.3)
  12. 伝えたい言葉 (vol.3)
  13. 自由のカメ (vol.4)
  14. 笑って笑って (vol.4)