奥直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奥 直人
(おく なおと)
人物情報
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
学問
研究分野 生物学
研究機関 東京大学
ノースウェスタン大学
摂南大学
静岡県立大学
テンプレートを表示

奥 直人(おく なおと)は、日本薬学者医薬生命化学)。学位薬学博士静岡県立大学薬学部教授大学院薬学研究科教授。

静岡県立大学薬学部学部長などを歴任した。

概要[編集]

東京大学薬学部製薬科学科を卒業し、東京大学大学院薬学研究科の博士課程を修了する。1980年 東京大学 薬学博士 学位論文の題は「脂質人工膜によるHVJ(センダイウイルス)と宿主細胞膜との相互作用の解析」[1]。 東京大学薬学部研究員として勤務した後、アメリカ合衆国に渡る。ノースウェスタン大学において研究員や助手を務める。帰国後は摂南大学薬学部にて講師や助教授として教鞭をとる。1991年より静岡県立大学にて勤務しており、薬学部助教授を経て薬学部教授・大学院薬学研究科教授となる。その間、学部長や研究科長を歴任する。 専門は生化学細胞生物学医学といった生物系薬学が主であり、医薬生命化学分野を指導している。ジパルミトイルホスファチジルコリン(いわゆるDPPC)、リボソーム糖鎖修飾リポソームなど)、抗癌剤に関する研究で知られている。

略歴[編集]

  • 1975年 東京大学薬学部卒業
  • 1980年 東京大学大学院薬学研究科博士課程修了
  • 1980年 東京大学薬学部研究員
  • 1981年 ノースウエスタン大学博士研究員
  • 1982年 ノースウエスタン大学助手
  • 1983年 摂南大学薬学部講師
  • 1987年 摂南大学薬学部助教授
  • 1991年 静岡県立大学薬学部助教授
  • 1998年 静岡県立大学薬学部教授

書籍[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース