奥村真介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奧村 真介( 1968年(昭和43年)3月17日生まれ)は、日本の経営者。 PEOPLE HORIZON株式会社 代表取締役社長

おくむら しんすけ
奥村 真介
生誕 1968年3月17日
兵庫県西宮市日本の旗 日本
出身校 早稲田大学
職業 経営者

人物[編集]

1990年株式会社富士銀行に入行、外資系金融機関、GE日本法人等を経て、世界最大の人事人財ビジネスグループであるスイスのAdeccoグループの日本法人社長を務めた。

人材サービス事業を内から変革することに取り組み同社退職後、人材サービス市場を外から眺め、「足りないこと」、「できていない付加価値」を提供することが必要で自らの使命と感じ、2018年2月、「人材市場を変革し、人と企業のチャンスを創造する 5つの挑戦」と掲げ、同志とともに、PEOPLE HORIZON株式会社を立ち上げ、同社代表取締役。

「経験の多様化」を自らのキャリアにおいて経験し、人材(ヒト)、製造サービス(モノ)、カネ(金融)全てに携わった中で、自らが働く最大の動機は、”ヒト”と協働し達成感を分かち合うことと語っている。

大学時代は、体育会ア式蹴球部に所属したが、周囲との技量レベルの差にサッカー以外の道を探したいと1年間で退部。[1]「これが人生最初に感じた挫折」。「二度目の挫折は、外資系金融機関からのキャリアコンバートに挑んでいた時」と語っている。[2][3]

「挫折や葛藤を通じて成長・成熟は果たされる」「仕事の適性や能力は、仕事の前ではなく、他者からの期待に応えることによって仕事の後に開花するもの」という”師の言葉”を実感してきたことを実践し、キャリアの地平線を広げようとしている。[4][5][6]

スイスIMD  仏INSEADで、人財教育・育成について学ぶ

公益社団法人経済同友会 幹事  金融経済ほか、雇用問題、人材育成、新卒採用プロジェクトなどに参画

女性が輝く社会の在り方研究会(経済産業省)委員 なども歴任。

磯野小右衛門(幕末から明治にかけて大阪を中心に活躍した実業家、大阪商法会議所4代目会頭)の玄孫。

略歴[編集]

脚注[編集]