奈良警察官宅襲撃事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奈良警察官宅襲撃事件(ならけいさつかんたくしゅうげきじけん)とは、1952年昭和27年)5月31日に、奈良県磯城郡桜井町(現桜井市)で発生した在日朝鮮人による襲撃事件。

事件の発端[編集]

1952年昭和27年)5月25日、桜井町で民団磯城支部書記長が、旧朝連系の在日朝鮮人に襲われる桜井町事件が発生した。国家地方警察奈良県本部は犯人を検挙し、奈良地検送致した。

5月30日、奈良市警察に国警磯城地区警察署から「在日朝鮮人の一団が奈良市に向かっている」との連絡が入った。在日朝鮮人の一団が奈良地検に突入したため、奈良市警は実力で排除した。

このことから、旧朝連系は奈良市警に反感を持つようになった。襲撃を受けた奈良市警の警察官宅は、桜井町事件が発生した桜井町に所在していた。

事件の概要[編集]

5月31日、桜井町の奈良市警警備課巡査部長宅に約10名の在日朝鮮人が覆面姿で押しかけて戸を叩いた。巡査部長の父親が戸を開けたところ、いきなり暴行を加え意識不明重体にした。そして窓ガラスや障子を破壊して逃走した。

参考文献[編集]

  • 大和タイムス』1952年5月・6月

関連項目[編集]