奈良崎コロスケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奈良崎 コロスケならさき コロスケ1968年7月31日[1] - )は、東京都出身のフリーライター

略歴[編集]

実家は麻雀荘。生来のバクチ狂いが高じて多重債務者と化したが、それを博奕関係(主に競馬)の原稿を書くことで完済するというマッチポンプな20代を消化。30歳を過ぎてからはギャンブルのみならず、映画、マンガ、街ネタなどをアチコチで節操なく執筆(『ミミスマ』著者プロフィールから引用)。

別冊宝島シリーズに多数参加している。

このマンガがすごい!』に企画立ち上げ当初から携わり、粟生こずえ渡辺水央とともにランクイン作品のレビューや企画ページのライターを務めているほか、日本映画を中心に劇場映画パンフレットも多数執筆する。またパチンコライターとしての顔を持ち、「パチンコオリジナル実戦術」シリーズに参加、「パチンコパンチ」(パチ・スロ サイトセブンTV)等の映像メディアにも出演中。

著書[編集]

  • ミミスマ―隣の会話に耳をすませば(宝島社 ISBN 4796641777

企画・編集[編集]

執筆[編集]

劇場映画パンフレット[編集]

「ドキュメント毎日くん」より引用

雑誌[編集]

ドキュメント毎日くんより引用

脚注[編集]

外部リンク[編集]