奈女沢温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg 奈女沢温泉
Namezawa Onsen.jpg
釈迦の霊泉
温泉情報
所在地 群馬県利根郡みなかみ町上牧3768[1]
交通 上牧駅から車で15分[2]
上毛高原駅から車で20分[2]
水上ICから車で15分[1]
月夜野ICから車で25分[1]
泉質 メタケイ酸含有[3]
ゲルマニウム含有[4]
ラジウム石膏泉[5]
硫酸塩泉[2]
泉温(摂氏 25 ℃[5]
液性の分類 アルカリ性[6]
浸透圧の分類 低張性[6]
宿泊施設数 1[7]
総収容人員数 150[8] 人/日
外部リンク www.shakanoreisen.com
特記事項 国民保養温泉地[9]
テンプレートを表示

奈女沢温泉(なめざわおんせん、なめさわおんせん)は、群馬県利根郡みなかみ町にある温泉。みなかみ町に18か所ある温泉地「みなかみ18湯」の1つ[3]。通称「釈迦の霊泉」[5]国土地理院地形図では奈女沢鉱泉と記されている[10]国民保養温泉地[9]

泉質[編集]

温泉街[編集]

JR上越線上牧駅北東4キロメートル、板沢山・高檜山に挟まれた山あいに位置する[5]利根川支流・奈女沢川の源流部であり、標高は約780メートル[5]温泉宿「釈迦の霊泉」が1軒あるのみである[7]。連泊する湯治客が多い[4]が、日帰り入浴も可能[11]自然食を主体とした料理を提供する[4]携帯電話圏外であるが、無線LAN (Wi-Fi) によるインターネットへの接続は可能である[12]

地元では古くから「湯沢の湯」と呼ばれ、その発見は猟師たちによってもたらされたものと考えられている[13]明治初め、地元の神職にして教育者でもあった上杉正が源泉付近に小屋を建て、浴槽に泉水を汲んで沸かし、入浴に供した[13][14]。明治半ばには湯治場として知られるようになり、大正末に本格的な旅館へと改装、戦後になるとさらに客室数が増やされた[8]。温泉宿の名も「奈女沢館」、「月光館」と変遷していった[8]1979年昭和54年)3月27日上牧温泉とともに国民保養温泉地に指定された(登録名称は「上牧・奈女沢温泉」)[9]

温泉の効能は幅広く、「釈迦の霊泉」と呼ばれる[5]。地元の地誌月夜野町史』によれば、「医師に見離された多くの人が霊泉によって快癒しているという」(引用)とのことである[8]スポーツ新聞などマスメディアを通じて広く紹介され[15]原爆症脱毛症ハゲ)にも効くと報じられたこともある[5]。美肌効果から訪れる女性客も多い[5]入浴に合わせてコップ1杯の飲泉がよいとされ、「御神水」と銘打った当温泉の水を会員向けに頒布している[4]

温泉地の周辺には苔谷、夫婦岩、一の世の、二の世の滝、浮島、千日堂、高橋お伝の生家があり、ゼンマイフキナメコの採集や、イワナハヤ釣りが楽しめる[5]シバザクラが美しい[5]

伝承[編集]

上杉謙信の隠し湯
みなかみ町の前身となった自治体の1つ・月夜野町は、合併前に町のウェブサイトで、当温泉が戦国大名上杉謙信隠し湯であったと紹介していた[16]雪国観光圏のウェブサイトにある当温泉の紹介ページには、「古く500年前から『上杉の隠し湯』として歴史を秘め、埋もれたままになっていた温泉を再開発した」(引用)と記されている[17]

アクセス[編集]

温泉地入口
近隣にある仏舎利塔
公共交通機関
上越線上牧駅から徒歩で1時間、または自動車で15分[2]
上越新幹線上毛高原駅から自動車で20分[2]
自家用自動車
関越自動車道水上インターチェンジから自動車で15分間、または月夜野インターチェンジから自動車で25分[1]。水上インターチェンジ出口[18]国道17号[19]県道61号沿いなど[20]、至る所に案内看板が建てられている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e アクセス”. 釈迦の霊泉. 2016年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 村木定雄. “奈女沢温泉”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 小学館. 2016年4月3日閲覧。
  3. ^ a b c みなかみパーフェクトガイド みなかみ18湯”. みなかみ町観光協会. 2016年4月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 『新・みなかみ紀行』95ページ。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『角川日本地名大辞典 10 群馬県』707ページ。
  6. ^ a b c d 癒しの温泉”. みなかみ町. 2016年4月3日閲覧。
  7. ^ a b みなかみパーフェクトガイド 月夜野・上牧温泉郷エリアの泊まる”. みなかみ町観光協会. 2016年4月3日閲覧。
  8. ^ a b c d 『月夜野町史』1617 - 1618ページ。
  9. ^ a b c 国民保養温泉地一覧”. 環境省 (2015年5月1日). 2016年4月3日閲覧。
  10. ^ 地理院地図(電子国土Web)”. 国土地理院. 2016年4月3日閲覧。
  11. ^ ご宿泊・ご入浴のご案内”. 釈迦の霊泉. 2016年4月3日閲覧。
  12. ^ Wifiにつきまして”. 釈迦の霊泉. 2016年4月3日閲覧。
  13. ^ a b 『古馬牧村誌』740ページ。
  14. ^ 『古馬牧村誌』1280 - 1282ページ。
  15. ^ マスコミ記事紹介”. 釈迦の霊泉. 2016年4月3日閲覧。
  16. ^ 観光情報 温泉・宿泊”. 月夜野町. 2005年9月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月6日閲覧。
  17. ^ みなかみ町 奈女沢温泉”. 雪国観光圏推進協議会. 2016年4月6日閲覧。
  18. ^ Google ストリートビュー”. Google. 2016年4月3日閲覧。
  19. ^ Google ストリートビュー”. Google. 2016年4月3日閲覧。
  20. ^ Google ストリートビュー”. Google. 2016年4月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会・竹内理三編集『角川日本地名大辞典 10 群馬県』角川書店、1988年7月8日。ISBN 4040011007
  • 月夜野町史編さん委員会編集『月夜野町史』月夜野町、1986年1月27日。
  • 古馬牧村誌編纂委員会編集『古馬牧村誌 ―月夜野町誌・第二集―』古馬牧村誌編纂委員会、1972年9月20日。
  • 旅行作家の会編集『新・みなかみ紀行』現代旅行研究所、2009年8月5日。ISBN 9784874820995

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度45分16.4秒 東経139度0分48.9秒 / 北緯36.754556度 東経139.013583度 / 36.754556; 139.013583