奇食ハンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
奇食ハンター
ジャンル 漫画
漫画:奇食ハンター
作者 山本マサユキ
出版社 講談社
掲載誌 ヤングマガジン
レーベル ヤングマガジン・コミックス
発表号 2007年第26号 - 2010年第15号
発表期間 2007年 - 2010年
巻数 全5巻
話数 全114話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

奇食ハンター』(きしょくハンター)は、週刊ヤングマガジンで連載されていた、山本マサユキによる日本漫画作品。単行本は全5巻。話数は「○○食目」で表わされる。

概要[編集]

一見して食べるのに抵抗があるメニュー「奇食」を食べるというルポ漫画であり、数々の「奇食」が登場する。取り上げられた奇食はご当地グルメや、B級グルメと呼ばれる全国各地のローカル料理や、地方企業の製品などが多かった。2009年、ヤンマガ誌上で同作者による『痛車でいこう!!』が連載された時は休載していた。

登場人物[編集]

レギュラーメンバー[編集]

山本(山ちゃん)
作者本人
ヤッさん
担当編集者 
デン子
女性アシスタント
金田君
ガタピシ車でいこう!!からの続投メンバー。基本的にデン子不在のときに出てくることが多い。
アユちゃん
金田君と同じくガタピシ車でいこう!!からの続投メンバー。金田君同様デン子不在の時の登板が多い。

ゲスト[編集]

西本英雄、宮本記者、小沢記者
週刊少年マガジン連載、『もう、しませんから。』の作者とその担当記者2人。エチゼンクラゲ料理(前後編)にて合同取材のため登場。この回が収録されているコミックス2巻には、西本氏が出張版のおまけを寄贈している。
うえやまとち
クッキングパパの作者。コーヒー茶&コーヒーおむすびの回に合同取材のため登場。同行したデン子はファンのためしきりにサインをねだっていた。この回が収録されているコミックス3巻では取材を元にした話で、山ちゃんとヤッさんの2人が登場するページが紹介された。
ギャル曽根
50回記念のゲストとして登場。当初は見るだけの予定だったが途中参戦。山ちゃんとヤッさんが驚くほどのスピードで巨大バーガー2種を完食した上、タコライスまで追加注文している。

奇食度[編集]

そのメニューの「奇食」具合を星の数で示したもの。見た目の印象とは裏腹に、意外とおいしく食べられるものは星が一つ、癖の強く味の強烈な料理は星が三つになる。これまでに、名古屋市喫茶マウンテンだけは星の数では表せない「殿堂入り」となっている。ちなみに最終回で食べたファミレスのハンバーグランチも、唯一の星ゼロとして記述された。

外部リンク[編集]