失楽園 (渡辺淳一)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

失楽園』(しつらくえん)は、渡辺淳一恋愛小説、また、それを原作とした映像作品。小説は1995年9月から翌年10月にかけて『日本経済新聞』に掲載され[1]1997年2月講談社から単行本として刊行された[2]上下巻を合わせた年間発行部数は267万部、その後300万部を突破した[要出典]

概要[編集]

不倫を主題とし、一般向け新聞連載ではあまり例のない性描写が含まれている。映画・テレビドラマ化され、「失楽園」というタイトルが流行語にもなった。有島武郎の心中事件をモチーフとしている。

あらすじ[編集]

出版社の敏腕編集者である久木祥一郎は、ある日突然、編集の第一線から閑職の調査室配属を命じられた。そんな久木の前に、友人・衣川が勤めるカルチャーセンターで書道の講師をしている松原凛子という美しい人妻が現れる。彼女は“楷書の君"と呼ばれているほど折り目正しく淑やかな女性だが、久木の強引でひたむきな恋の訴えに、やがて彼を受け入れた。そして、週末毎に逢瀬を重ねていくうちに、凛子はいつの間にか性の歓びの底知れない深みに捕われていく。

二人の関係は次第にエスカレートしていき、凛子の養父が死んだ通夜の晩、久木にせがまれた凛子は、夫や母親の眼を逃れて喪服姿のままホテルで密会した。凛子は罪悪感にさいなまれるが、それはかえってふたりの気持ちを燃え上がらせる。やがて、久木は密かに都内にマンションを借り、凛子との愛の巣を作り上げた。

しかし、そうした大胆な行動は隠し通せるものではなく、凛子の夫・晴彦は興信所の調査で妻の不貞を知る。晴彦はあえて離婚しないことで凛子を苦しめようとし、一方、久木の妻・文枝は静かに、しかしキッパリと離婚してほしいと要求した。家庭や社会からの孤立が深まっていく中、それでも二人は逢うことを止めようとはせず、世間並みの日常が失われていく分だけ、二人だけの性と愛の充足は純度を増していく。

そんな折、久木の会社に彼の行状を暴く告発文が送られてきた。久木は、それをきっかけに辞職を決意し、文枝との離婚も承諾する。凛子もまた晴彦や実母との縁を切って、久木のもとに走った。「至高の愛の瞬間のまま死ねたら」という凛子の願いに共感するようになった久木は、誰にも告げず、二人でこの世を去ろうと決意する。雪深い温泉宿へ向かった久木と凛子は、生命を絞るように激しく求め合ったまま、互いに毒の入ったワインを口にした。後日発見されたふたりの心中死体は、局所が結合したままの愛の絶頂の瞬間を迎えた姿であった。

書誌情報[編集]

単行本
  • 講談社・1997年
ISBN 4-06-208573-9、下 ISBN 4-06-208574-7
愛蔵版
文庫本
ISBN 4-06-264779-6、下 ISBN 4-06-264780-X
ISBN 4-04-130737-6、下 ISBN 4-04-130738-4

映画[編集]

失楽園
A Lost Paradise
監督 森田芳光
脚本 筒井ともみ
製作 永井正夫
原正人
製作総指揮 角川歴彦
出演者 役所広司
黒木瞳
寺尾聰
柴俊夫
中村敦夫
音楽 大島ミチル
撮影 高瀬比呂志
編集 田中慎二
配給 東映
公開 日本の旗 1997年5月10日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 23億円
テンプレートを表示

1997年5月10日公開。製作は角川書店東映、エースピクチャーズ(現:アスミック・エース)、日本出版販売三井物産。配給、東映。日本アカデミー賞報知映画賞キネマ旬報賞受賞作。配給収入23億円を記録し、1997年『もののけ姫』に次ぐヒット作品となった[3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

映画化は『日本経済新聞』連載開始から間もない1995年秋に決定[4][5][6]1985年の『ひとひらの雪』の製作を切っ掛けに、渡辺淳一とプライベートな付き合いが生まれた岡田茂東映社長が[4][7][8]、その後の渡辺作品もほぼ独占的に東映で製作し[4][7][9]、安定した成績を続けていたことから[4][10]、『失楽園』も最初は東映単独で製作を予定したが[11]、「東映で作っても普通の数字しか達成できないだろう」と岡田が判断し[11]角川歴彦が「ウチで作らせてくれ」と頼んで来たこともあり[12]角川映画部に全部任せた[11][12]。岡田は「ウチでやったらあんなに当たらない。角川は出版という宣伝メディアを持っているから」[12]、「角川君(角川歴彦)は兄貴(角川春樹)じゃなく、俺がやるんだという必死感が凄かった」と褒めた[12]

製作総指揮は角川歴彦で、角川書店、東映、エースピクチャーズ(現:アスミック・エース)、日本出版販売三井物産が製作、東映が配給を担当した[4]。角川書店は社長の角川春樹が1993年8月大麻取締法違反で逮捕され[13]、角川書店の社長を解任されて弟の角川歴彦が角川書店社長に就任した。角川春樹がオーナーだった映画製作部門の旧角川春樹事務所は角川書店が1994年に吸収合併し、映画事業からはほぼ撤退したと周囲から見られていた[13]。しかし1995年11月、角川書店が洋画配給の老舗・日本ヘラルド映画系列の映画会社・ヘラルド・エースを事実上の買収をしたときから[13]、映画事業に再度乗り出すだろうと認識された[13]。これは角川春樹が1995年に角川書店の持株を売却し、角川書店と袂を分かち、その資金を元に同年3月に現・角川春樹事務所設立したための角川歴彦の対抗措置ではといわれた[13]。映画製作の怖さをよく知る角川歴彦は当初は「実写は難しい」と話し、アニメを柱とした製作を考えていたとされるが[13]、本作『失楽園』を新生角川映画の第一作として実写映画の製作に乗り出した[13][14]。製作費全額を角川書店で持つのではなく、三分の一を角川が持ち、残りを他から集めるやり方で、結果として金が集まらない企画は面白くないものと判断し捨てるという手法を取った[13]

1995年10月、角川歴彦が原正人プロデューサーに『失楽園』を映画化したいと伝えた[15]。原は成瀬巳喜男監督の『浮雲』をイメージし、90年代の『浮雲』をやりたいと考え、今という時代の区分を体現できる人として森田芳光を選んだ[15]。原と森田は1981年の森田の劇場映画監督デビュー作『の・ようなもの』を森田が「日本ヘラルド映画で配給してくれ」を頼み込んできたときからの付き合い[16]。当時はまだ単館ロードショーの時代ではなく『の・ようなもの』の配給はリスキーだった[16]。『失楽園』の森田の監督起用にも周囲からは反対する者も多かったが、原が脚本家筒井ともみの助言を受け強行に推した[16][17]。森田は原作を読み自分なりに新しい試みができそうだと引き受けた[17]。岡田茂東映会長は、森田に「あなたの映画は理屈っぽくで当たらないのが多いから、これは官能映画だから、理屈ぽくせず、官能で繋いで欲しい」と要望し森田は了承したという[18]。岡田は「森田さんも遊び人だからいい映画が出来た、やってない奴がつくるとダメ」などと話している[18]

原は森田より先に筒井に脚本の要請をしたが[6]、筒井は「私の世界とは水と油」と最初は断り、このため別の脚本家で行くと決まっていた[6]。それから約半年経った1996年7月に再度、森田から口説き落とされ脚本を承諾した[17]。筒井は当時小説を執筆中で忙しく、森田と簡単な打ち合わせをして脚本を10日で書いたと話している[17]。森田と筒井は1985年の『それから』で一緒に仕事をしているためイメージは共有できたという[6]。スタッフは森田の前作『(ハル)』(1996年)と70パーセント同じで、撮影前にメインスタッフで数日間合宿し、古今東西の恋愛映画を観たり、日本映画のセックスシーンが何故嫌いなのかといったディスカッションなどを行い[19]、勢いのまま現場になだれ込んだ[17]

キャスティング[編集]

原作に濃厚な性描写があることから、映画化に当たっては松原凛子役のヒロイン探しが難航していると伝えられた[5]。森田は台本を読んだ段階で松原凛子は黒木瞳しかないと思っていたことと[17]、製作サイドで原作の読者に松原凛子役を選んでもらおうとアンケートを実施したら[15]、圧倒的な一位が黒木瞳だったことから[5]、連載完結を待たずに原と森田で黒木に出演交渉に当たり黒木は快諾した[5][15]。黒木の渡辺作品出演は映画主演デビュー作、『化身』(1986年)以来、10年ぶりだった。早い段階で黒木のヒロインは決まっていたともいわれるが[5]、性描写の問題があるためスター俳優が脚本を読む前に出演を決めることはなく[19]、脚本の完成は1996年7月以降であるため[19]、黒木と役所の正式なキャスティングはそれ以降である[19]。当時のマスメディアが黒木と川島なお美がヒロイン争いをしていると盛んに取り上げ世間を賑わせ[20][21]、映画のヒロインは黒木が、テレビドラマでは川島がヒロインを演じた[21]。黒木は撮影前に渡辺から「これはオスとメスの話である。あなたはひたすら女、メスでいい」と言われたという[5]。黒木は「見る人が喜んでくれる映画を作るためには自分はありません。自分の意見は重要視しません。あくまで一人の女優として、一つの素材として、自分を提供するにすぎません。監督の指示に従います」などと話している[5]

久木祥一郎役の役所広司は、1996年の『Shall we ダンス?』と『眠る男』で、その年の主演男優賞を総ざらいしていたことから、今という時代の匂いのする俳優としての抜擢[17]。役所広司も黒木瞳も全面的に森田の演出を信頼し撮影はスムーズに進んだ[17]

木村佳乃の映画デビュー作で[22]、木村は本作の好演で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した[19][22]

演出[編集]

あらゆる撮影技法を駆使し、ベッドシーンには30以上の仕掛けを取り入れた[17]。機動性の高いスーパー16での撮影を導入し、セックスのエクスタシーを表現している[19]

零号試写[編集]

零号試写の段階で映倫のチェックが入り、成人指定の恐れがあった[23]。成人指定になると宣伝や動員で大きな影響が出てしまう。本来ならこれ以上は切れないという完成度だったが、森田は角川歴彦やスタッフの集まった席で自ら切ると言い、成人指定にならないよう工夫した。角川は「スタッフのいる場で自ら切ると言ったのは、森田の人柄の良さから来たものだったと思う」と述べている[23]

オールラッシュ[編集]

東映東京撮影所で関係者全員が集まり、オールラッシュが行われた。見終わると場内がシーンとなってしまった。みんなもっと激しいエロスを期待していたためで、先の影響でそれらはほぼカットされていた。すると角川歴彦が「いいじゃない。これを当てるの、我々の責任だよね」と言った。しかし原正人は「あんなに当たると思わなかった」と話している[16]

宣伝[編集]

宣伝は東映の映画宣伝部が担当[4]。『日本経済新聞』での連載だったことから、当初のメインターゲットは、同紙のメイン購買者とその配偶者である50代から60代の男女としていたが、監督の森田、キャストの役所と黒木が決定したことにより、単なる官能的な映画ではなく、品のある映画になることが予測できたことで、映画宣伝部内の話し合いにより、宣伝のターゲットを20代の女性まで下げて広げていく方針が取られることになった[4]パブリシティで扱うメインカットは役所と黒木が雪の中を二人で歩いていくカットにし、ポスターでは官能的な絵柄を使用し、綺麗なビジュアルと官能的なビジュアルの両方で展開させた[4]

作品の評価[編集]

興行成績[編集]

女性客を集めて配給収入で23億円、興行収入では約40億円の大ヒットを記録[16]社会現象になるほどの話題を呼んだ[16][20]。岡田茂は「圧倒的に女性支持者が多く、75~80%が女性でした。これは予想外で私にはまったく読めなかった。朝早くから高齢者が来て、昼前後から30代、40代の女性が押し掛けて来るんです。やはり、家庭の主婦を中心に不満があるんでしょうね。あの映画を観て一つの夢を描くんです。もう一度恋をしたいとね。それで主婦たちがワーッと押し掛けて来たんだと思います。しかも、一人で来ないで、何人か誘って来るんです」[11]、「製作費を抑えながら、よく主婦層をつかんだ」[24]などと評している。批判も多かったが[16]、大ヒットした原因を原正人は「原作の話題性が第一、それに加え汗臭さのない映画を作りたいといコンセプト、気品のある役所広司と黒木瞳らのキャスティング、筒井ともみの脚本、森田芳光の映像センス、映画的な語り口のうまさ」と分析している[16]。森田は前作『(ハル)』(1996年)が時代を先取りし過ぎてこけて傷ついていたため[16]、本作がびっくりするくらい当たり大喜びしていたという[16]。角川歴彦は「50代の社会的な地位のある男性に純愛はないのかというタブーがあり、それは倫理的にいえば非社会的なことで、それをあの時代に映画が切り取ったから大衆が求めたんだと思います」と述べている[14]

大ヒットし、角川歴彦は岡田茂から「役所広司は森雅之になったね」と褒められたことが嬉しかったという。角川歴彦は本作の製作を切っ掛けに森田とプライベートな付き合いも生まれ、1999年の『黒い家』、2007年サウスバウンド』で製作者として関わり、森田が亡くなる直前まで新作のデベロップメントを行った。角川は「森田には自らの企画ではない、頼まれ仕事であっても、エンタテインメントとして完成度の高いものを作れる優れた才能があり、それが一番発揮できたのが『失楽園』でなかったかと思う」と評している[23]

受賞歴[編集]

1997年の第21回モントリオール世界映画祭に正式出品したが受賞はならなかった。 同映画祭で上映された再編集バージョンが『失楽園(海外版オリジナル)』として1997年9月20日から全国東映系で公開されている[4]

エピソード[編集]

  • オールラッシュでは岡田茂の隣席が偶然にも黒木瞳の当時のマネージャー・土井弘子(現・グランパパプロダクション代表)だった。映画の出来に満足した二人は一緒に銀座へ繰り出し、「弘ちゃん、今日から黒木さんのギャラ倍にしなよ」と言ったが、黒木は翌年事務所を移籍した[18]

テレビドラマ[編集]

1997年7月7日から9月22日まで、日本テレビ系列で毎週月曜22:00 - 22:54(JST)に全12回を放送。制作はよみうりテレビ

映画がヒットしたこともあり、日本テレビの月曜22時台のドラマとしては唯一平均視聴率20%を越えた作品となっている。また最終回の視聴率27.3%も、読売テレビの1992年 - 2004年の12年間に渡るプライムタイムの全連続ドラマの中での最高記録である。また、性的シーンが多く描かれた[21]

ビデオ化はVHS版にてリリースの経緯がある(セルレンタル)。2007年9月20日にDVD-BOXが発売されると告知されたものの延期、さらに2009年12月31日に5枚組で発売されることが決定したがこれも延期となった。2014年9月30日に出版社の宝島社より「DVDBOOK」の形態で「失楽園 DVDBOOK」(上・下巻)(共にDVD2枚組)発売。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

話数 サブタイトル 放映日 視聴率 備考
1 不倫夜曲 1997年7月7日 23.5% 22:30~23:24
(30分繰り下げ)
2 京都初夜 1997年7月14日 20.7%  
3 妻の疑惑 1997年7月21日 20.7% 通常より10分拡大
(64分)
4 通夜密会 1997年7月28日 19.8%
5 愛欲の日光 1997年8月4日 19.0%  
6 妻と女の炎 1997年8月11日 19.3%
7 家庭内離婚 1997年8月18日 17.3%  
8 妊娠 1997年8月25日 20.1%  
9 阿部定絶唱 1997年9月1日 21.1%  
10 別れの予感 1997年9月8日 18.6%
11 運命の殺意 1997年9月15日 20.6%
12 衝撃‼最終回スペシャル-愛の永遠 1997年9月22日 27.3% 通常より30分拡大
(22:00~23:24 84分)
平均視聴率20.7%

失楽園 特別編[編集]

連続ドラマの高視聴率を受けて、1997年12月29日に「失楽園 特別編」として21:00~23:24に放送された。ドラマの総集編にTV初公開の映像、イタリアでの新撮シーンも加えた特別番組として放送され、視聴率も20%越えを達成した。また主題歌としてZARDのシングル「My Baby Grand 〜ぬくもりが欲しくて〜」のカップリングであった「Love is Gone」が使用された。

関連商品[編集]

  • 失楽園 Vol.1・Vol.2(バップ) 1997年11月8日発売 VHSの単品商品。
  • 失楽園 Vol.3・Vol.4(バップ) 1997年11月26日発売 VHSの単品商品。
  • 失楽園 Vol.5(バップ) 1997年12月10日発売 VHSの単品商品。
  • 失楽園 オリジナル・サウンドトラック(B-Gram RECORDS) 1997年9月10日発売。
  • 失楽園 特別編(バップ) 1998年5月21日発売 VHSの単品商品。
  • 失楽園 DVDBOOK(上・下巻)(宝島社) 2014年9月30日発売

脚注[編集]

  1. ^ 時代の証言者 - 読売新聞2013年11月26日(2013年11月26日時点のアーカイブ
  2. ^ 失楽園(上)”. 講談社. 2017年6月7日閲覧。
  3. ^ 1997年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  4. ^ a b c d e f g h i 東映の軌跡 2016, p. 417.
  5. ^ a b c d e f g 由井りょう子「映画『失楽園』の主役に抜擢された黒木瞳さんインタビュー」、『プレジデント』、プレジデント社、1997年5月号、 202-205頁。
  6. ^ a b c d 筒井ともみ「映画『失楽園』の脚本家ー 筒井ともみ現代のデカダンな生き方を...」、『シナリオ』、日本シナリオ作家協会、1997年6月、 6-10頁。
  7. ^ a b 渡辺淳一の世界 1986, pp. 221-222.
  8. ^ 林真理子「マリコのここまで聞いていいのかな (225) ゲスト 岡田茂 東映相談役」、『週刊朝日』2004年7月23日号、朝日新聞出版、 56頁。
  9. ^ 「特集『失楽園』 渡辺淳一原作の映画化作品」、『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1997年5月下旬号1、 72頁。
  10. ^ 「興行価値 渡辺淳一作品は安定した成績を残しており、期待が持てる『桜の樹の下で』」、『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1989年5月下旬号、 157頁。「日本ニュース・スコープ 映画新作情報」、『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1987年7月上旬号、 148頁。
  11. ^ a b c d 岡田茂東映会長・松岡功東宝会長 司会・本誌主幹 村田博文「納涼対談 『失楽園』『もののけ姫』で復活した日本映画界ー 東映会長v.s.東宝会長の『これからの映画づくり』」、『財界』、財界研究所、1997年9月9日号、 62-65頁。
  12. ^ a b c d 岡田茂東映会長・奥山融松竹社長・松岡功東宝会長「今年は『日本映画復興』元年だ」、『月刊経営塾』、株式会社経営塾、1998年1月号、 120-125頁。
  13. ^ a b c d e f g h 金沢誠「角川春樹復活の"噂"が流れる中で一度は捨てた映画事業に再度乗り出す角川書店」、『月刊経営塾』、株式会社経営塾、1995年11月号、 120-125頁。
  14. ^ a b 「特別インタビュー 角川書店・角川歴彦」、『キネマ旬報』、キネマ旬報社、2000年4月下旬号、 124-125頁。
  15. ^ a b c d 「特集『失楽園』 原正人インタビュー」、『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1997年5月下旬号1、 73頁。
  16. ^ a b c d e f g h i j 森田芳光の世界 2012, pp. 160-162.
  17. ^ a b c d e f g h i 麻生香太郎「『水銀のように重い、大人の恋の映画』、それが『失楽園』 森田芳光インタビュー」、『プレジデント』、プレジデント社、1997年5月号、 206-208頁。
  18. ^ a b c 小石原昭 「喧嘩の作法 岡田茂」『僕らはそれでも生きていく!』 財界研究所2000年、155-156頁。ISBN 4-87932-014-5
  19. ^ a b c d e f 司会・西野雅子「映画『失楽園』を巡って 対談 森田芳光+白井佳夫~ 森田映画の新境地新しい性表現の試み」、『シナリオ』、日本シナリオ作家協会、1997年6月、 6-10頁。
  20. ^ a b 失楽園 | 映画 | WOWOWオンライン
  21. ^ a b c 川島なお美も黒木瞳も「気持ちの整理がつきません」― スポニチ Sponichi川島なお美 故・渡辺淳一さん 光源氏/芸能速報/デイリースポーツ online故・渡辺淳一と川島なお美の“失楽園愛”真相 | アサ芸プラス渡辺淳一氏お別れ会で勃発 黒木瞳と川島なお美「女の意地」 NEWSポストセブン川島なお美さん葬儀 その時黒木瞳は… - 東スポWeb『失楽園』川島なお美は“枕営業”だった──女と銀座を愛した作家・渡辺淳一さんを偲ぶ川島なお美と渡辺淳一の密会をスクープ、「噂の真相」岡留編集長が語る女優・川島なお美の美学と肝っ玉
  22. ^ a b 木村佳乃 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE(キネノート). Kinema-Junposha. 2018年3月16日閲覧。
  23. ^ a b c 森田芳光の世界 2012, pp. 156-159.
  24. ^ 岡田茂 『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』 財界研究所、2001年、193頁。ISBN 4-87932-016-1

参考文献・ウェブサイト[編集]

外部リンク[編集]

読売テレビ 月曜10時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
せいぎのみかた
(1997.4.14 - 6.23)
失楽園
(1997.7.7 - 9.22)
心療内科医・涼子
(1997.10.13 - 12.15)