失外套症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

失外套症候群(しつがいとうしょうこうぐん、Apallic syndrome)とは、大脳皮質の損傷によって大脳皮質の機能が完全に失われてしまった状態である。 眼球運動、体動、言葉全てが障害される[1]。睡眠と覚醒の調節は保たれ、通常通り起床することは確認できる。 この状態でも、刺激に対する反射は残っているが、感覚器官から脳に伝達された情報の高次統合による意味的な解釈は全く出来なくなっているため、本人の人格は完全に失われた状態であると見なせる。

大脳皮質は酸素不足に対しては非常に弱く、心肺停止により大脳への酸素の供給が絶たれてから3分以上経過すると、この状態に陥ると考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ 「介護職員初任者研修テキスト 第2巻 人間と社会・介護 2」 初版第4刷 p.233 一般財団法人 長寿社会開発センター 発行 介護職員関係養成研修テキスト作成委員会 編集