太陽の下で -真実の北朝鮮-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太陽の下で -真実の北朝鮮-
В лучах Солнца
監督 ヴィタリー・マンスキー英語版
配給 日本の旗 ハーク
公開 大韓民国の旗 2016年4月27日
日本の旗 2017年1月21日
上映時間 106分
製作国 ロシアの旗 ロシア
ドイツの旗 ドイツ
 チェコ
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
言語 朝鮮語
テンプレートを表示

太陽の下で -真実の北朝鮮-』(たいようのしたで しんじつのきたちょうせん、: В лучах Солнца: Under the Sun)は、2015年製作のロシアドキュメンタリー映画

概要[編集]

当初、本作はロシアのドキュメンタリー映画監督ヴィタリー・マンスキー英語版北朝鮮当局の共同制作で1年の期間をかけて、2014年の撮影当時は8歳だった少女リ・ジンミ(리진미)が「朝鮮少年団英語版朝鮮語版」に入団し、故・金日成(キム・イルソン)主席の誕生日である太陽節を祝う行事を準備する過程を記録する映画として撮影が始まった。

しかし、それが全て北朝鮮当局による演出である事に気づいたマンスキー監督は制作方針を変更し、撮影前後に密かにカメラの録画スイッチを入れたまま放置し、北朝鮮当局が演出している様子を捉えた映画に作り上げた[1][2][3]

反応[編集]

韓国では、“태양 아래”のタイトルで2016年4月27日から公開され、5月5日には、朴槿恵大統領(当時)が脱北者約50人を招待してソウル市内の映画館で鑑賞、「子どもの日を迎え、夢を失って苦労して生きる北の子どもを我々が見守っていかなければいけないということを改めて感じることができた」「北が核開発を放棄し、北の住民と子どもの生活に関心を向ける契機になればいい」「多くの国民がこの映画を見て、変化に率先していくことを望む」と語った[4]

その後[編集]

作品の主人公イ・ジンミは、2016年5月10日に平壌市金日成広場で開催された群衆大会で、金正恩・国務委員長に花束を渡す役(花童(화동))を務めたことが、テレビ映像で確認された[5] 。また、2018年9月18日に平壌国際空港へ到着した韓国の文在寅大統領に花束を渡した少女は、ジンミと顔が似ているのではないかとの指摘もあった[6][7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]