太賀麻郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太賀 麻郎(たいが あさお、1964年5月26日 - )は、日本AV男優AV監督デビュー当時は本名永井 麻郎[1]名義で活動していた。芸名の由来は『愛と誠』の主人公の太賀誠[2]

経歴[編集]

東京都世田谷区生まれ。父の永井健司は服飾デザイナーで、日本七大ブランドの一つであるJAZZレーベルの創始者[3]。従兄にイラストレーターの永井博がいる[4]。幼い頃から実家には永井博やペーター佐藤が出入りしていたため、それらの人々から弟のように遊んでもらって育った[5]

文化学院演劇科在学中、白夜書房発行の性風俗情報誌『元気マガジン』で見た「エロビデオの男モデル募集」の広告に応募したことがきっかけとなり[6]1984年秋、『あやめの本番~わたしの舌には硬すぎる』でAV男優としてデビュー。このことが父親から怒りを買い[7]、親戚に迷惑がかかると言われたために芸名で活動するようになる[8][2]。以後、『いんらんパフォーマンス』シリーズなど2000本に出演。1988年に引退するまで、AVの仕事で2000人、プライベートで3000人、合計5000人を超える女性を抱き、2億円近い金を稼いだが、続く10年間でその全てを失ったという[9]

ランジェリーパブの経営に失敗した後、1990年代後半からAV監督として復活[10]2002年、共に仕事をしていたプロデューサーの奥出哲雄が猥褻図画販売の容疑で逮捕された後、奥出の借金を背負って自己破産した[11]

妻との離婚後は結核、糖尿病を患い、十数年間生活保護を受けながら二人の娘を育てているシングルファザーである。

AV出演強要問題について、「昔からあった」と証言している[12]

著書[編集]

  • AV黄金時代 5000人抱いた伝説男優の告白(文庫ぎんが堂、2010年)
  • 5000人抱いた男の無重力セックス これが、女が悦ぶ!モテる愛し方(イースト・プレス、2011年)
  • 東京ノアール 消えた男優 太賀麻郎の告白(イースト・プレス、2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 太賀麻郎『AV黄金時代』p.22。
  2. ^ a b 太賀麻郎『AV黄金時代』p.23。
  3. ^ 太賀麻郎『AV黄金時代』p.93。
  4. ^ 太賀麻郎『AV黄金時代』p.59, 196。
  5. ^ 太賀麻郎『AV黄金時代』p.59。
  6. ^ 太賀麻郎『AV黄金時代』p.62。
  7. ^ 太賀麻郎『AV黄金時代』p.215。
  8. ^ 太賀麻郎『AV黄金時代』p.218。
  9. ^ 太賀麻郎『AV黄金時代』p.492。
  10. ^ 太賀麻郎『AV黄金時代』p.34。
  11. ^ 太賀麻郎『AV黄金時代』p.35。
  12. ^ AV出演強要「昔からあった」元トップ男優が証言毎日新聞、2016年8月4日)


外部リンク[編集]