太田雄三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太田 雄三(おおた ゆうぞう、1943年5月23日 - )は、カナダ在住の比較文学者。

東京大学教養学部イギリス分科卒業、1967年、同大学院比較文学比較文化専攻に進学。1971年同助手、1974年カナダのマギル大学講師として赴任、1977年『内村鑑三-その世界主義と日本主義をめぐって』で東大から文学博士号取得、マギル大学歴史学教授。2013年定年退任、名誉教授[1]早稲田大学客員教授などを務めた。

人物伝を中心として研究・執筆を行う。ラフカディオ・ハーンに対して批判的な立場をとり、バジル・ホール・チェンバレンを優れた日本学者として評価し、研究室の先輩に当たる平川祐弘と論争になったこともある。

著書[編集]

  • 『内村鑑三 その世界主義と日本主義をめぐって』研究社出版 1977年
  • クラークの一年 札幌農学校初代教頭の日本体験』昭和堂 1979年
  • 『英語と日本人』ティビーエス・ブリタニカ 1981年、講談社学術文庫 1995年
  • 『<太平洋の橋>としての新渡戸稲造』みすず書房 1986年
  • E.S.モース <古き日本>を伝えた親日科学者』リブロポート(シリーズ民間日本学者) 1988年
  • 『B・H・チェンバレン 日欧間の往復運動に生きた世界人』リブロポート(シリーズ民間日本学者)1990年
  • 『ラフカディオ・ハーン 虚像と実像』岩波新書 1994年
  • Basil Hall Chamberlain: Portrait of a Japanologist (Meiji Series) Routledge, 1998
  • 『喪失からの出発-神谷美恵子のこと』岩波書店 2001年
  • 新島襄 良心之全身ニ充満シタル丈夫』ミネルヴァ書房(日本評伝選) 2005年

注釈[編集]