太田達也 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 達也(おおた たつや、1964年2月22日 - )は、日本法学者。専門は、刑事政策被害者学・アジア法[1]慶應義塾大学法学部教授、同法科大学院教授。

人物[編集]

三重県鈴鹿市出身。学部・大学院時代の指導教授は宮澤浩一

日本被害者学会犯罪社会学会理事、警察庁法務省矯正局、法務省保護局における各種委員会の委員、各種NPO法人の理事・評議員を務めている。

来歴[編集]

職歴[編集]

  • 1994年 慶應義塾大学 専任講師
  • 1997年 慶應義塾大学 助教授
  • 2004年 慶應義塾大学法務研究科 助教授
  • 2005年 慶應義塾大学法務研究科 教授
  • 2011年 慶應義塾大学 法学部 教授[3]

脚注[編集]