太田賢吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太田 賢吾
東京ヤクルトスワローズ #46
Japanese baseball player ohta kengo.jpg
2019年5月10日、東京ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県川越市[1]
生年月日 (1997-01-19) 1997年1月19日(22歳)
身長
体重
186 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2014年 ドラフト8位
初出場 2017年7月18日
年俸 920万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

太田 賢吾(おおた けんご、1997年1月19日 - )は、埼玉県川越市出身[1]プロ野球選手内野手)。右投左打。東京ヤクルトスワローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1歳上の兄の影響で小学校2年生時、南古谷レーダースで野球を始め、川越東中学校時代は所沢中央シニアに所属し遊撃手としてプレーした[1]

川越工業高校では1年生の秋に遊撃手でレギュラーを獲得。投手を兼任し、通算で2試合に登板。3年生時の夏の甲子園・埼玉大会では17打数9安打、打率.529、6打点をマークした(チームは5回戦敗退)[1]。2学年先輩に狩野行寿がいる。

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議北海道日本ハムファイターズに8巡目で指名され[3]、契約金1,500万円、年俸470万円(金額は推定)で合意し[4]、入団した[5]

日本ハム時代[編集]

2015年は二軍で93試合に出場[6]。二塁手部門でイースタン・リーグ最多の8失策を記録した[7]

2016年、7月9日に出場選手登録されたが[8]、出場機会は無かった。

2017年、7月18日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の7回裏に代走でプロ初出場し、その後二塁の守備に就いた[9]。20日の対楽天戦では途中出場すると8回裏にプロ初打席に立ち、結果は中堅手への飛球だった[10]。23日の対埼玉西武ライオンズ戦では7番・二塁手でプロ初先発出場し、4回表の第2打席でプロ初安打となる投手への適時内野安打を放ち、同時にプロ初打点を記録した[11][12]。9月7日の対楽天戦では7番・二塁手で先発出場し、3回裏の第1打席でプロ初本塁打を放った[13][14]

2018年は、54試合に出場し、打率.194、5打点だった。

ヤクルト時代[編集]

2018年12月11日、秋吉亮谷内亮太との2対2の交換トレードにより、高梨裕稔と共に東京ヤクルトスワローズへの移籍が発表され[15]、12月13日に公示された。

2019年 4月5日の中日ドラゴンズ戦で5回に代打で出場すると、又吉克樹から移籍後初安打となる適時二塁打を放った[16]。20日の中日戦では柳裕也からシーズン初ホームランを放つ[17]。5月1日の横浜DeNAベイスターズ戦でも1番三塁手としてスタメン出場すると、1回表に大貫晋一から12球団最速の令和初となる安打を記録した[18]。好不調の波も大きく登録抹消もあったが、主に坂口智隆に代わる1番打者として自己最多の90試合に出場し、打率.251を記録した。また13失策を記録したが、内野の全守備位置についた。

選手としての特徴・人物[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 日本ハム 40 88 82 9 14 2 1 1 21 6 0 0 4 0 2 0 0 21 1 .171 .190 .256 .447
2018 54 41 36 6 7 0 2 0 11 5 0 0 3 0 2 0 0 11 1 .194 .237 .306 .543
2019 ヤクルト 90 337 303 36 76 13 1 3 100 27 0 0 8 1 23 0 2 78 5 .251 .307 .330 .637
通算:3年 184 466 421 51 97 15 4 4 132 38 0 0 15 1 27 0 2 110 7 .230 .279 .314 .593
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2017 日本ハム - 35 43 52 2 13 .979 2 1 2 0 1 1.000 1 1 2 0 2 1.000
2018 - 31 20 44 2 4 .970 9 0 1 0 0 1.000 12 6 11 2 1 .895
2019 ヤクルト 2 5 0 0 0 1.000 7 3 8 1 1 .917 73 41 92 8 7 .943 17 18 31 4 4 .925
通算 2 5 0 0 0 1.000 73 66 104 5 18 .971 84 42 95 8 8 .945 30 25 44 6 7 .920
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 65 (2015年 - 2018年)
  • 46 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e ドラフト8位で日ハム入り 川越工高・太田、三拍子揃った大型遊撃手 埼玉新聞 2014年12月14日掲載
  2. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月14日閲覧。
  3. ^ 「2014年新人選手選択会議」交渉権獲得選手のお知らせ 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト 2014年10月23日配信
  4. ^ 日本ハムが横浜高の浅間、川越工高の太田と合意 SANSPO.COM 2014年11月8日掲載
  5. ^ 札幌市時計台で2014年新入団発表を開催 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト 2014年11月21日配信
  6. ^ 2015年度 北海道日本ハムファイターズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  7. ^ 2015年度 イースタン・リーグ リーダーズ(守備部門) NPB.jp 日本野球機構
  8. ^ 2016年7月公示(出場選手登録・抹消) 北海道日本ハムファイターズ公式サイト
  9. ^ 2017年7月18日(火)北海道日本ハム vs 楽天イーグルス 成績詳細(出場選手成績) 北海道日本ハムファイターズ公式サイト
  10. ^ 2017年7月20日(木)北海道日本ハム vs 楽天イーグルス 成績詳細(出場選手成績) 北海道日本ハムファイターズ公式サイト
  11. ^ 日本ハム太田「ひとつひとつ必死」プロ初先発初安打 日刊スポーツ 2017年7月23日掲載]
  12. ^ 2017年7月23日(日)北海道日本ハム vs 埼玉西武 成績詳細(出場選手成績) 北海道日本ハムファイターズ公式サイト
  13. ^ 日本ハム3年目太田賢吾がプロ1号「奇跡だよ!」 日刊スポーツ 2017年9月8日紙面から
  14. ^ 2017年9月7日(木)北海道日本ハム vs 楽天イーグルス 成績詳細(出場選手成績) 北海道日本ハムファイターズ公式サイト
  15. ^ 移籍の高梨「経験生かして」太田「レベルアップを」 - 日刊スポーツ、2018年12月11日掲載、同日閲覧
  16. ^ 【ヤクルト】日本ハムから入団の太田が移籍初打席初球をいきなり同点二塁打 : スポーツ報知”. hochi.news. 2019年10月22日閲覧。
  17. ^ ヤクルト太田が移籍1号にサイレントトリートメント - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年10月22日閲覧。
  18. ^ 令和初安打のヤクルト太田「初球が回収され驚いた」 - 日刊スポーツ、2019年5月1日掲載、2019年5月4日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]