太田貴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おおた たかひこ
太田 貴彦
本名 太田 毅
別名義 太田 直人
生年月日 (1963-02-01) 1963年2月1日(55歳)
出身地 日本の旗 日本, 静岡県富士市
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ
主な作品
テレビドラマ
超電子バイオマン

太田 貴彦(おおた たかひこ、1963年2月1日[1][2] - )は、日本の元俳優。本名は太田 毅[1][2]、旧芸名・太田 直人(おおた なおと)[3]

静岡県[2]富士市出身。菅原事務所に所属していた[2]

来歴・人物[編集]

1983年テレビドラマだから青春 泣き虫甲子園』(NHK)の野球部主将・土井垣役でデビュー。1984年スーパー戦隊シリーズ超電子バイオマン』のグリーンツー/高杉真吾役を演じ、代表作となる。

1990年代前半に太田 貴彦に改名[2]。『特捜ロボ ジャンパーソン』などに出演したのち芸能界を引退。

バイオマンで共演した牧野美千子によると、2012年時点では実業家として活動しているという[4]

2012年8月18日に鈴木美潮主催の「赤祭10」にゲスト出演し、約18年ぶりにファンの前に姿を見せた[5]

同年10月に開催されたレッド・エンタテインメント・デリヴァー主催のイベントにも出演し[6]、バイオマンの主題歌を歌った宮内タカユキと28年ぶりに再会している[7]

特技は、柔道と車の運転で、国内A級ライセンスを所持している[1][2]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • コードネームK レディ・コネクション(1991年、松竹

出典[編集]

  1. ^ a b c 『日本タレント名鑑'94』 VIPタイムズ社、1994年、62頁。
  2. ^ a b c d e f 『日本タレント名鑑1993』 VIPタイムズ社、1993年、59頁。
  3. ^ 『日本タレント名鑑'92』 VIPタイムズ社、1992年、54頁。
  4. ^ “憧れの戦隊ピンクは埼玉在住! 30年前の撮影秘話が次々と…”. 産経新聞. (2012年7月22日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/578360/ 2013年3月9日閲覧。 
  5. ^ “戦士たちの同窓会…憧れの元戦隊ヒーロー大集合でファン大興奮の「赤祭」に潜入!+(2/4ページ)”. 産経新聞. (2012年8月26日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/120826/trd12082618000003-n2.htm 2012年8月26日閲覧。 
  6. ^ RED SPIRITS 2012”. レッド・エンタテインメント・デリヴァー. 2012年10月14日閲覧。
  7. ^ 宮内タカユキオフィシャルブログ「☆RED SPIRITS。。。」より(2012年10月14日閲覧)