太田清春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太田 清春
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県津市
生年月日 (1951-07-03) 1951年7月3日(66歳)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1973年 ドラフト6位
初出場 1977年5月12日
最終出場 1977年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

太田 清春(おおた きよはる、1951年7月3日 - )は、三重県[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは投手、右投右打のアンダースローであった。1979年から1980年の登録名は太田 貴世晴

来歴・人物[編集]

高田高では、1969年夏の甲子園三岐大会三重県予選準決勝に進出。春の選抜に優勝した三重高のエース上西博昭中京大)と投げ合うが0-8で大敗。卒業後は西濃運輸へ入社。西濃には早川実小林国男ら好投手がおり、都市対抗などの表舞台にはなかなか立てなかった。ノンプロにはいって投げ方を上から下手投げに変えてメキメキ頭角を見せてきた投手で、浮き上がるシュート、外角に流れるカーブを武器にした。 1973年ドラフト会議近鉄バファローズから6位指名を受け入団[1]1977年には6試合に登板するが、その後は出場機会がなく、1980年限りで引退[1]

当時甲子園で活躍した太田幸司も在籍しており、新聞などの記載は太田幸・太田貴と記載された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 近鉄 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 77 17.0 14 2 9 0 2 6 2 1 12 9 4.76 1.35
通算:1年 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 77 17.0 14 2 9 0 2 6 2 1 12 9 4.76 1.35

記録[編集]

背番号[編集]

  • 45 (1974年 - 1980年)

登録名[編集]

  • 太田 清春 (おおた きよはる、1974年 - 1978年)
  • 太田 貴世晴 (おおた きよはる、1979年 - 1980年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、104ページ