太田昌国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 昌国(おおた まさくに 1943年 - )は、日本評論家編集者翻訳家

経歴[編集]

1943年釧路市生まれ。1968年東京外国語大学ロシア語科卒。出版社からの就職が一旦内定したが取り消された。翻訳や校正、肉体労働のアルバイトをしながら、国立国会図書館などで研究活動をしていた。どちらかというと、ソ連を先頭とする世界共産主義運動に対する幻想は持たず、アナキズムの方向性を抱いていたと回顧している。

1960年代には、レボルト社からアジアアフリカラテンアメリカについての情報を扱った『世界革命運動情報』の編集、刊行に関わってきた[1]チェ・ゲバラ1967年10月9日ボリビアで処刑された後、翌1968年にゲバラの著者の翻訳を、『国境を越える革命』の邦題の下、世界革命運動情報編集部名義で行っている。

1973年より1976年まで、メキシコペルーをはじめ、ラテンアメリカにて労働しながら暮らす。日本に帰国後、ホルヘ・サンヒネスを筆頭とするボリビアウカマウ映画集団の作品の自主上映活動に中心的な役割を担う。『シネマテーク・インディアス』を主宰する。ラテンアメリカの解放闘争や市民運動に対して市民の関心を喚起するような言論活動をすすめる。

メキシコのサパティスタ民族解放軍のコミュニケをまとめ日本語に訳した本『もう、たくさんだ!―メキシコ先住民蜂起の記録』を1995年に、在ペルー日本大使公邸占拠事件についての著書『「ペルー人質事件」解読のための21章』を1997年に出版。現代企画室編集長となり、株式会社現代企画室の出版活動を担っている。

現在にいたるまで、アメリカを中心とするグローバリズム新自由主義、それらに対して、断固たる反対の態度を貫く。北朝鮮政府による日本人拉致問題について発言し、『拉致問題』を口実にした排外主義を懸念する一方で、冷戦中に無原則な北朝鮮礼賛をしていた日本の左翼知識人に対しても、左翼の立場から批判の態度をとる[2]

著書『「拉致」異論――日朝関係をどう考えるか』の第一章に於いては、1492年クリストファー・コロンブスによる「アメリカ大陸の発見」以来の植民地主義や、それ以後帝国主義国であったスペインイギリスアメリカ合衆国が主導した2003年イラク戦争の侵略性、及び日本国日本国民脱植民地化の未了などを論じている[3]

救う会』の熱心な会員であった蓮池透との共著『拉致対論』を2009年8月29日太田出版から刊行している[4]

太田昌国はパレスチナ問題に関しては専門外ではあるが、時々パレスチナに関して講演や執筆を行うこともある[5]

著作・訳書[編集]

著作[編集]

  • 革命映画の創造 三一書房 1981年11月出版
  • 鏡としての異郷 記録社/影書房 1987年出版
  • 千の日と夜の記憶 現代企画室 1994年5月出版
  • 鏡のなかの帝国:世紀末日本イデオロギー評註 現代企画室 1996年5月出版
  • 「ペルー人質事件」解読のための21章 現代企画室 1997年8月出版 ISBN 978-4773897135
  • 「ゲバラを脱神話化する」 現代企画室 2000年8月出版 ISBN 978-4773800050  
  • 日本ナショナリズム解体新書―発言1996‐2000 現代企画室 2000年9月出版 
  • アンデスで先住民の映画を撮る―ウカマウの実践40年と日本からの協働20年 現代企画室 2000年10月出版 
  • 「拉致」異論―あふれ出る「日本人の物語」から離れて 太田出版 2003年7月出版 ISBN 978-4872337747   
  • 「国家と戦争」異説―戦時体制下の省察 現代企画室 2004年7月出版 ISBN 978-4773804027  
  • 暴力批判論 太田出版 2007年8月出版
  • 「拉致」異論―日朝関係をどう考えるか 河出書房新社 2008年3月出版 ISBN 978-4309408972
  • チェ・ゲバラプレイバック 現代企画室 2009年1月出版
  • 新たなグローバリゼーションの時代を生きて 河合文化教育研究所 2011年3月出版 ISBN 978-4777204618

共著

訳書[編集]

  • 革命映画の創造―ラテンアメリカ人民と共に ウカマウ集団著 三一書房 1981年11月出版
  • マルクス=エンゲルス素描 エルネスト・チェ・ゲバラ著 現代企画室 2010年6月出版

共訳[編集]

  • 国境を越える革命 エルンスト・チェ・ゲバラ著 太田昌国・松田政男、佐々木祥訳 レボルト社 1968年出版 ASIN: B000J9I70W  
  • もう、たくさんだ!―メキシコ先住民蜂起の記録(1) サパティスタ民族解放軍著 太田昌国、小林致広訳 現代企画室 1995年4月出版 ISBN 978-4773894127

脚註[編集]

  1. ^ 本橋哲也「解説」『「拉致」異論――日朝関係をどう考えるか』河出書房新社〈河出文庫〉、東京、2008年3月20日、発行、247-248頁
  2. ^ 『「拉致」異論――日朝関係をどう考えるか』河出書房新社〈河出文庫〉、東京、2008年3月20日、発行
  3. ^ 本橋哲也「解説」『「拉致」異論――日朝関係をどう考えるか』河出書房新社〈河出文庫〉、東京、2008年3月20日、発行、248頁。
  4. ^ 太田昌国 蓮池透 『拉致対論』 2014年4月29日閲覧
  5. ^ ミーダーン編『〈鏡〉としてパレスチナ――ナクバから同時代を問う』

参考文献[編集]

  • 本橋哲也「解説」『「拉致」異論――日朝関係をどう考えるか』河出書房新社〈河出文庫〉、東京、2008年3月20日、発行、246-253頁。ISBN 978-4-309-40897-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]