太田文雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
太田 文雄
生誕 1948年1月
日本の旗 日本 東京都
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1970 - 2005
最終階級 JMSDF Vice Admiral insignia (a).svg 海将
除隊後 防衛大学校教授
テンプレートを表示

太田 文雄(おおた ふみお、1948年(昭和23年)1月 - )は東京都出身の海上自衛官学位Ph.D(国際関係論)。剣道教士七段

略歴[編集]

5月15日:外務省在米国大使館防衛駐在官
12月:海将補に昇任
12月3日:第3代情報本部長に就任
1月12日:退官。
4月:防衛大学校教授(防衛学教育学群安全保障・危機管理教育センター長。2010年まで)

著書[編集]

単著[編集]

  • 『「情報」と国家戦略』(芙蓉書房出版、2005年、ISBN 978-4829503584
  • 『インテリジェンスと国際情勢分析』(芙蓉書房出版、2007年、ISBN 978-4829503997
  • 『日本人は戦略・情報に疎いのか』(芙蓉書房出版、2008年、ISBN 978-4829504123
  • 『インテリジェンスと国際情勢分析【改訂新版】』(芙蓉書房出版、2008年、ISBN 978-4829504314
  • 『同盟国としての米国』(芙蓉書房出版、2009年、ISBN 978-4829504628
  • 『国際情勢と安全保障政策-『インテリジェンスと国際情勢分析』三訂増補版-』(芙蓉書房出版、2010年、ISBN 978-4829504789

共著[編集]

  • (加藤直樹)『危機管理の理論と実践』(芙蓉書房出版、2010年、ISBN 978-4829504925
  • (吉田 真)『中国の海洋戦略にどう対処すべきか 』(芙蓉書房出版、2011年、ISBN 978-4829505366

論文[編集]

  • 「太平洋における海軍協力――将来を目指して」『新防衛論集』第21巻第1号(1993年6月、J・W・モーランド3世、ウラジミール・パニコフと共著)
  • 「国際社会における軍の役割の変化――抑止戦略から安定化戦略への移行の中で」『防衛学研究』第22号(1999年11月)
  • 「戦争史から見たポスト9.11の対テロ戦等」『国際安全保障』第32巻第4号(2005年3月)
  • 「ゴールドウォーター・ニコルズを越えて――自衛隊統合の将来に向けてのさらなるステップ」『国際安全保障』第34巻4号(2007年3月)

外部リンク[編集]


先代:
野中光男
情報本部
第3代:2001年 - 2005年
次代:
椋木功