太田山公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太田山公園
Ōdayama Park
Odayama Park.jpg
太田山山頂
分類 都市公園
所在地
座標 北緯35度22分46.9秒 東経139度56分21.0秒 / 北緯35.379694度 東経139.939167度 / 35.379694; 139.939167座標: 北緯35度22分46.9秒 東経139度56分21.0秒 / 北緯35.379694度 東経139.939167度 / 35.379694; 139.939167
面積 9.7ha
開園 1978年(昭和53年)
運営者 木更津市都市整備部市街地整備課
現況 通年開放
設備・遊具 フィールドアスレチック・きみさらずタワー
駐車場 あり(無料、68台)
アクセス JR木更津駅東口より徒歩約15分
告示 1969年(昭和44年)
事務所 木更津市郷土博物館金のすず
事務所所在地 木更津市太田二丁目16-2
備考 太田山:標高44m
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
金のすず
旧安西家住宅
細井魚袋歌碑
太田山公園付近の空中写真。
画像中央の山が太田山公園である。なお、太田山の東側(右側)に、撮影当時用地買収中の国道16号(長浦木更津バイパス)用地が、南北に貫いているのが確認できる。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1979年撮影)

太田山公園(おおだやまこうえん)は、千葉県木更津市にある公園日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘媛(おとたちばなひめ)の悲恋伝説にちなみ、恋の森とも呼ばれる[1]。園内にはサクラの木があり、桜の名所とされる[2]

木更津駅東口から正面に見えるの山が太田山で、市民の憩いの場となっている[1]

概要[編集]

太田山は標高44mで、山頂にはの形をしたきみさらずタワーが立つ[3]。また、山頂には古墳があったという伝承があるが、現存しない[4]。公園面積は9.7万m2[5]

園内には、かずさエフエム(BREEZE RADIO)の送信所が設置されている[6]

園内施設[編集]

  • きみさらずタワー
  • 木更津市郷土博物館 金のすず - 2008年(平成20年)10月に千葉県から木更津市に譲渡された博物館で旧称は千葉県立上総博物館[1]。「くらしの中の技術」をテーマとしており、上総掘りなどの展示のほか、金鈴塚古墳からの出土品(重要文化財)の保管と公開を行う[1]
  • 旧安西家住宅 - 江戸時代中期の建築とされる農家・安西家の住宅を移築したもの[1]寄棟平入茅葺き住宅で、1981年(昭和56年)4月に木更津市指定文化財となった[7]
  • 橘神社 - 弟橘媛を祀って建てられたとされ、縁結びに利益があるという[8]。金鈴まつりの際はここで「修祓式」を行って祭りが始まる[9]
  • フィールドアスレチック[10]
  • 遊歩道[10]

モニュメント[編集]

かつて存在した施設[編集]

  • 千葉県立上総博物館 - 上総歴史文化に関する博物館であった[2]。千葉県初の県立博物館として1971年(昭和46年)1月15日に開館した[14]が、2008年(平成20年)3月31日に閉館[15]、木更津市へ移管した[1]
  • 金鈴塚遺物保存館 - 1950年(昭和25年)に行った金鈴塚の発掘調査で多数の出土品があったことから、それらの保存・整理のため1956年(昭和31年)7月31日に建設された[16]。展示物は金のすずに移されている[1]。戦中はこの地に兵舎があったとされる[17]。2011年9月現在、建物は残っている。

歴史[編集]

神代には、東京湾入水した弟橘媛を想いながら日本武尊が太田山からを見つめ、長くこの地にとどまったとされる[1]。このことから、後にこの地は「君不去」(きみさらず)と名付けられ、木更津に変化したという[18]

第二次世界大戦中には太田山に高砲射陣地が築かれ、陸軍によりトンネルや地下が掘られた[17]。しかし、木更津市当局は戦中の太田山について十分に把握できておらず、詳細は不明である[17]

1953年(昭和28年)からは、太田山で金鈴まつりが始まった[19]1969年(昭和44年)には都市公園計画が決まり、1978年(昭和53年)に整備が完了した[5]1982年(昭和57年)、旧安西家住宅を園内に移築する[8]2004年(平成16年)4月24日放送の テレビ東京バラエティ番組出没!アド街ック天国にて、きみさらずタワーと橘神社を中心に太田山公園が取り上げられた[20]

金鈴まつりと桜[編集]

金鈴まつりは、金鈴塚古墳の出土品並びに古墳の埋葬者を祀る祭りで、桜祭りを兼ねる[21]。桜の木の下には舞台が設けられ[19]芸能ショーなどの市民の発表の場となっている[21]2011年(平成23年)には4月3日に開催予定であったが、東日本大震災の影響で中止となった[2]

園内はソメイヨシノオオシマザクラシダレザクラなど約400本の桜がある[8]。桜の咲くには、山全体が薄桃色に色づき[1]、3月下旬から4月上旬にかけてライトアップが行われる[8]

放送送信施設[編集]

[要文献特定詳細情報]

放送局
愛称
コールサイン 周波数 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 開局日
かずさエフエム
「BREEZE RADIO」
JOZZ3AH-FM 83.4MHz 20W 28W - 約-世帯 2009年平成21年)10月8日

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 木更津市観光協会"歴史通り"(2011年9月25日閲覧。)
  2. ^ a b c Winriver"きみさらずタワー"(2011年9月25日閲覧。)
  3. ^ ロイヤルヒルズ木更津ビューホテル"木更津市街の代表的で施設の多い公園の太田山公園(おおだやまこうえん)"(2011年9月26日閲覧。)
  4. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編(1984):182ページ
  5. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編(1984):185ページ
  6. ^ 天狼光牙"千葉県FMラジオ周波数ガイド"(2011年9月26日閲覧。)
  7. ^ 千葉県商工労働部観光課"旧安西家住宅(木更津市)"(2011年9月27日閲覧。)
  8. ^ a b c d e 千葉観光web辞典"太田山公園"(2011年9月25日閲覧。)
  9. ^ 木更津地域ポータルサイト運営協議会(木更CoN)"桜咲く季節迎え 太田山公園 橘神社前では市長ら「修破式」を執り行う"2010年4月1日(2011年9月27日閲覧。)
  10. ^ a b イーエスケー"太田山公園 きみさらずタワー"2009年12月18日(2011年9月25日閲覧。)
  11. ^ 木更津市史編集委員会 編(1972):1158ページ
  12. ^ 『細井魚袋歌集』(長谷川書房、1983年)、扉ページ
  13. ^ 名誉市民・市民栄誉賞 - 千葉県木更津市公式ホームページ
  14. ^ 木更津市史編集委員会 編(1972):766ページ
  15. ^ 南房総旅行情報ちばなび"木更津市郷土博物館 金のすず"2009年10月12日(2011年9月26日閲覧。)
  16. ^ 木更津市史編集委員会 編(1972):764ページ
  17. ^ a b c "木更津の戦争遺跡(1)"(2011年9月26日閲覧。)
  18. ^ 木更津市史編集委員会 編(1972):3ページ
  19. ^ a b 全日本空輸"金鈴まつり[木更津市] - 旅達空間"2011年7月25日(2011年9月26日閲覧。)
  20. ^ テレビ東京"太田山公園|出没!アド街ック天国|毎週土曜9時|テレビ東京"(2011年9月26日閲覧。)
  21. ^ a b 千葉県商工労働部観光課"太田山公園(木更津市)"(2011年9月26日閲覧。)
  22. ^ ちばぎんコンピューターサービス"きみさらずタワー"infoちば、2009年1月9日(2011年9月25日閲覧。)
  23. ^ 東日本旅客鉄道"えきねっと(JR東日本)|太田山公園(千葉県)"

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編『角川日本地名大辞典 12 千葉県』角川書店、昭和59年3月8日、1558pp.
  • 木更津市史編集委員会 編『木更津市史』木更津市、昭和47年11月3日、1167pp.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]