太東岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
九十九里浜を望む

太東岬(たいとうみさき)は、千葉県いすみ市にあるである。太東埼(たいとうざき)ともいわれる。太東埼灯台が設置されている。恋のビーナス岬、という別称もある[要出典]九十九里浜の南端に位置する。高さは約60mで、下は太平洋まで断崖絶壁となっている。岬の周辺は公園として整備され、小型車の駐車場とトイレがあるが、売店や自動販売機はなく、観光化されていない岬である。北側には刑部岬から九十九里浜が弓なりに連なっており、南側には夷隅川の河口と大原の町並みが見える。

歴史[編集]

江戸時代は現在より数キロメートル海に突き出ていたという。元禄大地震と海蝕により現在の姿になった。戦時中は要塞として利用され、軍事施設が建てられたが、戦後撤去され、その土台のほとんどは岬の浸食により海中に没した。現在は少し奥まった位置に太東埼灯台が建てられている。

外部リンク[編集]