太刀川平治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太刀川 平治(たちかわ へいじ、1877年明治10年)4月7日 - 1966年昭和41年)2月15日)は、日本の逓信技師、電気技術者、電気工学者、工学博士。元東京電燈研究所所長、元東京電力顧問、元電気庁参与、電気学会名誉員。

略歴[編集]

新潟県古志郡長岡表五ノ町(現長岡市)出身。新潟県尋常中学校を経て、1899年(明治32年)に第一高等学校を卒業、1902年(明治35年)に東京帝国大学工科大学電気工学科特待生として卒業、逓信省電気試験所に入所。

1904年(明治37年)に日露戦争応召、戦争後、1906年(明治39年)2月にアメリカスケネクタディジェネラル・エレクトリック社に派遣され、3年間、電機工場で研鑽を積む[1]

1908年(明治41年)10月に帰国後、三菱合資会社神戸三菱造船所に引き抜かれ、逓信省電気試験所を退所、1910年(明治43年)に神戸三菱造船所の電機工場主任に就任、電動機変圧器などの規格を制定[2]

1911年(明治44年)に猪苗代水力電気の設立にあたって電気課課長に就任、1914年(大正3年)の福島県猪苗代第一発電所から東京府田端変電所までの長距離特別高圧送電工事で、技師長として発電所、鉄塔送電線などを設計[2][3][4][注 1]

1920年(大正9年)7月から1921年(大正10年)1月まで、アメリカおよびカナダ水力発電の調査に派遣される[1]

1923年(大正12年)に猪苗代水力電気が東京電燈に吸収合併されると、東京電燈理事、続いて東京電燈研究所所長に就任。

1924年(大正13年)に、山内万寿治海軍中将が大分県速見郡朝日村(現別府市)の坊主地獄の北側で行っていた事業を引き継ぎ、原動機を設計製作し、1925年(大正14年)11月13日に日本で最初の地熱発電に成功[5][6][7][8][9][10][11][注 2]

1927年(昭和2年)に東京電燈取締役工務部長に就任、1928年(昭和3年)に第15代電気学会会長に就任[注 3]、1930年(昭和5年)に東京電燈常務取締役に就任、東京帝国大学工学部電気工学科講師や電気庁参与に就任。

関東水力電気取締役、大井川電力取締役、東京湾電気取締役、関東電気工事監査役、東信電気監査役、東光電気監査役、東京電球監査役、商工省工業品規格統一調査委員、日本動力協会理事などを歴任、東京電力顧問に就任。

1955年(昭和30年)に藍綬褒章を受章。

安川第五郎[注 4]によると、太刀川平治は非常に優れた技術者で、安川第五郎と東京帝国大学の同期で親しかった安蔵弥輔[注 5]は、猪苗代水力電気で技師長の太刀川平治のもとで働いていて、太刀川平治とともに東京電燈へ移ったという[12]

高井亮太郎[注 6]によると、太刀川平治は日本で最初に懸垂がいしを使用した送電線を建設運用して特別高圧送電技術の基盤を築き、後進の技術者の育成にも努め、寡黙勤勉で剛情な中にも温か味があり、部下たちから懐かれていたという[3]

親族[編集]

著書[編集]

遺稿[編集]

  • 『落葉集 太刀川平治遺稿』堀貞治[編]、私家版、1967年。

論文[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1919年(大正8年)に勅令第344号学位令第2条により工学博士号を授与される。
  2. ^ 大分県速見郡亀川村(現別府市)出身の地熱発電研究者の高橋廉一から話を聞いている。
  3. ^ 1929年(昭和4年)に退任。
  4. ^ 安川電機社長・会長、日本原子力発電初代社長、九州電力会長、東京オリンピック組織委員会会長などを歴任。
  5. ^ 東京電力初代社長・会長・顧問。
  6. ^ 第2代東京電力社長。太刀川平治が著書『特別高壓送電線路ノ硏究』を執筆していた時(1921年(大正10年))、高井亮太郎は太刀川平治の助手・校正係を務める[3]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連文献[編集]

学職
先代:
中村幸之助
電気学会会長
第15代:1928年 - 1929年
次代:
山本忠興