天願桟橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天願桟橋
沖縄県うるま市
Tengan Pier.JPG
天願桟橋
種類 FAC6028
面積 31,000m2
施設情報
管理者 沖縄の米軍基地 米海軍
歴史
使用期間 1945-
天願桟橋
1971年のレッド・ハッド作戦で海軍の海上輸送が神経ガスなどの化学兵器を天願桟橋から荷積みしている写真。(アメリカ公文書館)

座標: 北緯26度24分23秒 東経127度50分54秒 / 北緯26.406299度 東経127.848372度 / 26.406299; 127.848372天願桟橋(てんがんさんばし)とは、沖縄県うるま市沖縄本島)に所在する在日アメリカ海兵隊の港湾施設である。遠浅の海に突き出た堤を進み、沖合に20,000トン程度の船舶が着けられる簡単な桟橋がある。

沖縄本島には、他にホワイト・ビーチ地区という揚陸・補給施設で、かつアメリカ海軍艦船が使用する基地であるが、天願桟橋は、ホワイト・ビーチ地区では揚陸できない、弾薬などの危険物の揚陸施設として使用されている。


概要[編集]

南側にキャンプ・コートニーキャンプ・マクトリアス、西側にキャンプ瑞慶覧、湾を挟んでキャンプ・ハンセン金武レッド・ビーチ訓練場並びに金武ブルー・ビーチ訓練場がある。


沿革[編集]

1945年、軍事占領と同時に海兵隊基地として使用開始。

1950年7月1日、桟橋部分を建設。1963年、桟橋を拡張。

1957年7月8日、核弾頭搭載ミサイルナイキ・ハーキュリーズ関連文書にはナイキ・プロジェクトは天願も含め8箇所であったことが記されている。原文には天願または屋嘉ビーチと記載があるだけで、場所の詳細は不明。(NARA)

1966年11月15 日、アメリカ公文書に、爆発物や化学兵器はホワイト・ビーチ地区、天願桟橋、金武レッド・ビーチ訓練場などで取り扱われていたと記載。(NARA)

1963年、ベトナム戦争激化に伴い拡張。[要出典]

1971年1月、第一回レッドハット作戦: 第267化学部隊が、知花弾薬庫から天願桟橋まで化学兵器を輸送する最終的な予行演習を行い、実際の輸送をした。(NARA)

1971年8月31日、施設拡張のためさらなる土地を米軍が接収した後、背後地(約 69,000 ㎡)が関係地主等の強い反対に合い返還される。

1972年、第二回レッドハット作戦: 毒ガスの積出し、第2回目。[2]


脚注[編集]

  1. ^ FAC6028天願桟橋/沖縄県”. www.pref.okinawa.jp. 2020年2月29日閲覧。
  2. ^ 沖縄県知事公室基地対策「沖縄の米軍基地」(平成25年3月)

関連項目[編集]

脚注[編集]