天願桟橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯26度24分23秒 東経127度50分54秒 / 北緯26.406299度 東経127.848372度 / 26.406299; 127.848372

天願桟橋

天願桟橋(てんがんさんばし)とは、沖縄県うるま市沖縄本島)に所在する在日アメリカ海兵隊の港湾施設である。遠浅の海に突き出た堤を進み、沖合に20,000トン程度の船舶が着けられる簡単な桟橋がある。

沖縄本島には、他にホワイト・ビーチ地区という揚陸・補給施設で、かつアメリカ海軍艦船が使用する基地であるが、天願桟橋は、ホワイト・ビーチ地区では揚陸できない、弾薬などの危険物の揚陸施設として使用されている。

沿革[編集]

  • 1945年(昭和20年) - 米軍の沖縄占領と同時に海兵隊基地として使用開始。
  • 1963年(昭和38年) - ベトナム戦争激化に伴い拡張。

概要[編集]

天願桟橋が占める土地のうち、およそ1/2は私有地である。このため年間1千万円を超える賃借料が地主に支払われている。

関連項目[編集]